AI時代の差別化文章

From : いっちー

AIが面白いと騒ぎ始めてから1ヵ月、2ヶ月くらいでしょうか。

AIの技術発展はそんな1ヵ月2ヶ月の間にもさらに進んでいて、どこかで毎日のようにリリースされる新しいサービスやツールに僕自身まったく追いつけていません。

AIのパフォーマンスのスゴさもだんだんと世の中に浸透してきた感じがします。

文章作成系のAIはいわゆる正しい文章というのはAIが生成してくれるようになったので、正しい文章を書くことだけに文章の価値はまったくない時代となってきました。

正しい文章を書くだけであればライターである必要がなくなってきたので、今後ライターの仕事も一部の人間のものになっていくことと思います。

具体的には、AIを駆使しながら文章を書いてそこに個人的な体験談などの一次情報を上手に書き加えられるライターが重宝されていくのではないでしょうか。

AI時代のこれからの文章価値

僕自身、AIが好きで記事執筆をする前にAIに記事アイデアやたたき台作りにお世話になっているから感じますが、AIはそれっぽい文章を生成することが得意です。

一部ではAIを駆使して論文を書き上げたりしている例もありますが、ファクトチェックをしないととんでもないデタラメを真実のように並べているということもなくはないです。

ですが最近では、対話型のAI検索エンジンも出てきており最新の情報とその根拠(リソース元)を提示してくれるようにもなりました。

ファクトチェックもむずかしくないものになってきています。

ただ、AIが生成した正しい文章が面白いか、読んでいて引き込まれるものがあるかといったらそれは現状なかなかむずかしいと思います。

そう遠くないうちに人間が書いたのと遜色がないレベルの感情を感じるようなエモーショナルな文章をAIが生成することもできてしまうようになるかもしれませんが、正しい文章が量産できるようになってしまったからこそ、それ以外の部分で文章の価値を見出していかなくてはいけないと思います。

AI活用をしたくない人たち

これは記事執筆だけにおいた話ではありませんが、あらゆる仕事においてAIと共創していくことがスタンダードになってくるのではないでしょうか。

SNSを見ていると、僕はAIなんて使いませんよって意地になっている人もいますが、時代の流れがそっちに流れているんだから試しに使ってみてAIと一緒に新しいこと生み出していけばいいのにな~って思います。

AI使用すれば、ド素人でも作曲家になれるかもしれないなんて話を見てちょっとワクワクしているくらいですから(笑)

個人の体験談や一次情報が大切なことに変わりなし

ここまで読んでくれてありがとうございました。

AIを活用して大量に記事を生成できるようにはなってきたからこそ、これからどのような文章が求められるのか感じている部分があったので今日はそのことを書いてみました。

この記事もAIにたたき台を作ってもらっていますが、元の文章はまったく残っていません。

構成といいますか全体的な文章の流れだけ参考にしてあとはすべて自分の言葉で上書きしています。

それだったら最初から自分の言葉で書けばいいのでは?という気もしますが、AIを通すことによって自分が思いもつかなかったアイデアや切り口が出るようになるのでその部分はかなり重宝しています。

結局は個人の体験談や行動から得られる一次情報が一時になってくると思うので、その辺りを大事にしながら今後も文章を書いていきたいと思います。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!