モテの本質は希少性

From:いっちー

めだる持ち越しで皆さんの声を拝見させていただきました~!

俺の記事に関しては、AIに関して興味を持ってくださっている方がいてありがとうございます。

そして、恋愛(笑)

なんてことない一個人の恋愛ネタですが、どこで話しても一番反応がいいんですよね…

なるべくワイルドサイドの文脈に合う形でAIや恋愛ネタをこれからも書いていきますね。

というわけで、今日は恋愛ネタでも書いてみますか。

あの日から数週間…

クリスマス数日前の好きな子の誕生日に一緒に過ごせると思っていた俺でしたが、彼女はとっとと他の男と予定を入れていた…

という衝撃の事実を誕生日前日の夜に知ることになった俺。

まさかの休みの取り損をしました。

仕事で使う防寒靴を近所のワークマンに一人で買いに行くというロンリネスな一日を過ごしたわけですが、昨日は彼女と久しぶりにじっくり話せる機会がありました。

周りからはよく平気で付き合えるねとか、怒らないの?って言われたりするんですが、俺の場合は怒りの感情とか負のエネルギーを自分の中に溜め続けるのは自分が疲れて苦しくなるみたいでできないんですよね。

起きたことは起きたことなので、それはそれって感じで彼女とは普通に接しています。

彼女の誕生日の日以来、4ヶ月に及ぶほぼ毎日のLINEのやり取りが終わってしまったので、これは終わったな、俺は選ばれなかったんだなとずっと思っていました。

今日話す中でもしかしたら彼氏ができたという話をぶっこんでくるかもしれないと思いましたが、結論から言うと、誕生日を一緒に過ごした男の子とはどうやらまだ付き合ってはいないようです。

年明けて一週間。おもしろいことあった?

それはそれでいいんですが、それ以上に自分がショックだったことがあります。

年が明けて今日で7日目。

ちょうど一週間になるわけですが、「最近面白いことありましたか?」って話になったときに、まだ7日(昨日の段階ではまだ6日)なんだけど、彼女の話がおもしろくてすでに体験というか、経験の部分で差を広げられた気になってしまったんですよね。

まだ一週間程度なのに、なんでこの子はこんなおもしろい話持っているんだと悔しくて。笑

女性が男性に求めるものは人それぞれだと思いますけど、刺激や、知らない世界を見せてくれるとかがよく言われることですよね。

ましてや俺の場合は彼女よりひと回り以上も年上。

彼女の知らない世界をあれやこれやと語りたい気持ちがあります。
それを踏まえて考えたときに、俺、つまらんなと思ったわけですよ。

自分が女の子だったら自分のことは選ばないと思います。

もっとはっちゃけていいんじゃないかと思うんですよ。

モテの本質は希少性だとも言われますが、こんな男他にはいないって興味を持ってもらうためにも様々な経験や挑戦を積み重ねることが大事。

それが実体験を通して語れるトークネタにもなりますしね。

先日の記事で、今年のビジョンとして生活圏の中にある新しいことに飛び込んでいくということを発表して、これをしようあれをしようって自分の中ですでに決めていることは複数あります。

彼女をわっ!と驚かせたいとか、そんな世界があるんだと興味関心を持ってもらうためにも今年のビジョンを体現していきたいとモチベーションが強くなりました。

ワイルドサイダーの皆さんも、今年も新しい経験や未知への挑戦をしていくことと思います。

俺も早速次の記事では飛び込んできた経験を記事に書けそうです。

お楽しみに!

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!