好き嫌い

From:よっぴー

最近はカレーを継ぎ足し継ぎ足し作っていて
いつもカレーが用意されてるもんだから

お昼ご飯に、カレーパスタなんてどうだろう?
なんて思って作ってみたら

スープパスタみたいになって
結構美味しかったから
これからレパートリーに加えようと思ったよっぴーです。

茹で上がったパスタにバターを絡めておくのがポイント!


さてさて今日は
好き嫌い
という話をしようと思います。

今お子様がいるかはおいておいて
もし、自分の子供が好き嫌いして

食べ物を残したら
あなたはなんて言いますか??

好き嫌いはいけません!
って食べさせる??

ちなみに
僕はブロッコリーが苦手。

野菜の中で一番栄養価が高く
毎日でも食べた方がいいと思っている野菜がブロッコリーなんだけど

どうも味が苦手で。。。汗

誰かが作ってくれた料理とかなら
ちゃんと食べるけど

お店の料理とかだと残しちゃうし
自分だと買う事もない。

苦手なものって
栄養価が高いとわかっていても
やっぱり避けちゃうよねー笑

ちなみに
苦手という分類じゃなく
食べれないっていうのもあって

それが、牡蠣。

別に過去当たった事があるから無理とかじゃなくて

めちゃめちゃ新鮮なものとか
高級料理店とかでも試したけど
喉を通らなかった。。。

飲み込もうと思っても飲み込めないっていう
不思議な間隔!

身体が拒否してる感じ。

牡蠣も海のミルクというくらい
栄養価が高い食材だけど。。。

やっぱり僕はダメらしい。

頭でわかっていても
身体が受け付けないっていう事もあるんだね。

また
アレルギーのある食材もあって

それが、スイカとメロン。

これらを食べると
口から喉まで真っ赤になって痒みが出てくる。

別にこれらは大好物!!っていうわけじゃないから
食べれなくても全然問題はない!

身体は知っている

さて
子供の好き嫌いの話に戻るけど

子供の方が僕ら大人よりも
変な先入観がない分
身体の反応には敏感で

子供がしている好き嫌いは
僕の牡蠣が喉を通らないみたいな

身体に合わないから食べないだけ
なのかもしれない。

実際
野菜嫌いな子供が
無農薬で作った野菜なら美味しいって言って食べた

なんていう事例もあったりするし

もしかしたら
そういう子供は解毒機能が元々弱くて
農薬まみれの野菜を
身体が無意識のうちに食べないようにしていたのかもしれない。

身体は不思議だけど
自分の身体に合う合わないっていうのを知っている可能性があるんだよね。

オーリングテストって聞いた事あるかもしれないけど
これも、身体は自分に合うものを知っているっていう前提でのテストだったりするよね。

ちなみにこれって
食べ物だけに言える事じゃないかもしれなくて

神社とか行くと
なんだかこの場所が他と違う気がしたり

誘われて行ったはいいものの
なんかここの雰囲気は合わないって
参加した瞬間にわかったり

本来僕らっていうのは
そういう”直感”が備わっているんだと思う。

ブルースリーの
考えるな!感じろ!

っていう言葉は有名だけど

そういう”感じる”事が
今の僕らには足りてない気がするんだよね。

好き嫌いせず、なんでも食べる方が偉い

なんていう
何故か僕らが無意識に思ってしまっている事が
実は、知らない間に僕らを苦しめているかも。。。

当たり前とか常識はなんなのか?
っていう事よりも

『自分はどうなのか?』

これを、常に自問していきたいところです。

合わない気がするんだよなー。。。
なんかヤバい気がする。。。

っていう感覚
最近、いつ感じましたか?

自分の直感に耳を傾ける訓練していきましょ!

って事で今日はこの辺で
よっぴー

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

「人が自分の得意な事で生きていける世の中を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!