MVVプロセス

From : いっちー

日本が世界に誇れるカルチャーって何が思いつきますか?

僕がパッと思い浮かぶのはアニメ・漫画でしょうか。

先日、こんな記事を書きましたが、

今はどうだか分からないものの数年前はV系バンドって海外でもファンが多かったですよね。

世界が愛するカルチャー

今日ご紹介するミッションは、カバー株式会社のミッションです。

事業内容は、VTuber事務所の運営などしています。

VTuber関係の事業って熱いみたいですね。

この辺もキャラクターが絡んでくることなので、アニメ・漫画ではないですけど世界に発信しやすい事業なのではないかと感じています。

僕自身、こちらの界隈には疎くて全然よく分かっていないのですけど、VTuber関係ってよくTwitterのトレンドにも入ってきますし、熱い支持者が多いんだろうなーと感じています。

どうしてそのMVVになったの?

今回この会社のミッションを取り上げようと思った理由が、自社の公式noteでMVVの解説を丁寧にされていたからなんですよね。

コーポレートサイトにMVVを掲載している企業は数多くあれど、そのMVVに決まるまでに至った背景まで発信してくれている企業となるとグンと減ります。

だけど、見た人が知りたいことってそっちだったりしないでしょうか。

そういう経緯があって、そのMVVになったんだねという背景が分かると、その企業に対して愛着や共感を覚えますし、よりMVVに対しての理解が深まります。

カバー株式会社のミッションは

つくろう。
世界が愛するカルチャーを。
個性の光るクリエイターが集まり、その表現⼒を発揮できる舞台を。
先端技術を注ぎ、クオリティにこだわり抜いた新体験を。

国境を超え、世代さえも超えて、
愛される⼆次元エンターテインメントをつくる。
ただ、そのために、私たちは挑戦をつづけます。

引用元 : https://cover-corp.com/company/

です。

世界に発信していくという気概を感じるミッションですね。

あなたもご自分のMVVがどうしてそのMVVになったのかご自分の媒体で発信してみてはいかがでしょうか。

MVVはまだないけどこれから制定したいって場合は、MVVを制定するまでの過程を書いていくのもアリだと思いますよ~!

きっとあなたを応援してくれている人たちが一緒になってMVVができあがるまでを見届けてくれるはずです。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!