やりきった後に見えてくるもの

From:よっぴー

遺伝子について調べてると
人はみんな違う事がよーくわかって

自分の天職とかよく言うけど
そういうのって
自分にあった職業って言う事なんだろうけど

そもそも
自分の身体がどんな性質なのか?を知らないと
無駄にいろいろ試す事になるんじゃないか?

なんて思ってきたよっぴーです。

遺伝子検査がもっと安くなって
誰でも受けれるようになったら

自分にあった生き方を見つけるのも楽になるのかもしれないね。


さてさて今日は
やりきった後に見えてくるもの
という話をしようと思います。

最近ブログを書けてなくて
久しぶりの投稿だったりして(^◇^;)

というのも

嫁のおばあちゃんが亡くなり
立て続けに僕のおばあちゃんも死んでしまって

お通夜やらお葬式やらで
バタバタしてた。

けど

言っちゃあれだけど
普段なかなか会えない親戚の近況報告みたいな事ができて
実は有意義な時間だったなぁなんて思ったり。

また今回は
普段関わる事があまりないお坊さんと話す機会もあって
いろんな事を思うキッカケにもなったんだ。

お坊さんになるキッカケ

嫁の親戚にお寺関係の人がいて
某有名なパークの祈祷をするくらい位の高いお坊さんが来てくれたんだけど
そのお坊さんの送り迎えを僕が担当する事になり
車の中でいろんなお話しを伺う事ができた。

年齢は僕と同じくらいのお坊さんだったから
気さくに話をしてくれたんだよね。

やっぱり僕としては
何故それをしているのか?
が、気になるから

なんでお坊さんになったんですか?
っていう話をしたら

家が元々お寺で
家業を継ぐために今は修行している身なんだって。

ただ、、、

元々お坊さんになろうなんて思ってはいなかったらしく
家出をしてグレてた時もあったみたい笑笑

知り合いのラーメン屋さんに匿ってもらって
そこでバイトしつつ生活資金を稼ぎ
やりたい事を見つけるなんて時期もあったんだってさ。

けど
やりたい事をやりたいようにやってるうちに
将来のことを真剣に考えていると
家業の事が頭に浮かんで
お坊さんになることを受け入れたみたい。

最初からお坊さんになるんじゃなくて
自分で好きなようにやった結果

自分の意思でお坊さんになる!
って決めたから

自分の家のお寺で修行するのではなく
いろんなお寺で修行周りをして

お父さんが病気になったタイミングで
実家の手伝いという形で
今は家の仕事もしているみたい。

言ってみたら
お寺の掛け持ち状態。

自分はこれをする運命にあるんだ・・・

なんて悲観的な感じじゃなく
ちゃんと自分の人生を生きている!
って感じがしたかなぁ。。。

家業をやりながらやりたい事もやる

僕の実家の葬儀をしてくれたお坊さんも
面白い人生を送っていて

今はお坊さんをやりながら
舞台の仕事もしてるんだって笑笑

元々放送関係の仕事をしていて
そこからラジオの放送だったり
演劇をやったりしていて

今はお坊さんをやりながら
演劇とか舞台の仕事もしてるみたい。

ちゃんと家の仕事をしつつ
やりたい事もやる

自分の人生ちゃんと選んでるなぁって思った。

ちなみに
僕のテニススクールのコーチも
家業がお寺なんだけど

今は19歳でテニスにのめり込んでるけど
家からは25歳までは好きに生きなさいって言われてるみたい。

25歳になったら修行して
お坊さんの資格とってってするみたいだね。

区切りがあるとそこまでになんとかしよう!
って思うし

自分の好きな事をやりきる!
って事ができるから

それもいいよなぁって思った。

そういえば
ワルサイの小野さんもお寺関係の人だったよね!

仏教は僕には関係ないと思ってたけど
意外と僕の周りには
お寺関係の人が多い。

小野さんも今はお寺の仕事をしてるって聞いたし

やっぱり家業っていうのは
意識するもんだよなぁ
なんて思ったり。

僕も実家が農家だから
これからどうするかなぁ、、、
なんて考えたりもするけど

やりたい事をやりきったら
梨とか葡萄を育てたくなるかもしれないね。

大切なのは
自分で選択してやる事。

家業だから継がなきゃいけない
ではなくて

いろんな経験をした後に
やっぱり家業をやろうって思えたらやる。

二足の草鞋じゃないけど
今回のお坊さん達みたいに
本業と家業を両立させている人も多いし

いろいろ経験した結果
やろうって思ったらやる。

これが最強だね!

ひとまず
やりたい事をやり切る!

これが重要なのかな。
なんて思ったお葬式でした。

お坊さんはやっぱり
人に教えるだけあって
自分の人生をちゃんと生きてるんだなぁ。。。

僕らも負けてられないね!

って事で今日はこの辺で
よっぴー

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

「人が自分の得意な事で生きていける世の中を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!