ロボット×テクノロジー

From : いっちー

今日は株式会社イクシスの「ロボット×テクノロジーで社会を守る」というミッションからロボティクスについて考えてみましょう。

ロボティクスとは

ロボティクスは、ロボットの設計、構築、操作、および使用を扱う工学の分野。機械工学、電気工学、コンピューター サイエンスなどを含む学際的な分野です。これだけ見ると多くのことを包括してロボティクスと呼ぶようですね。

ロボティクスでは、物理ロボットと仮想ソフトウェアベースのロボットの両方を扱います。

ところで、ロボットって言葉はどこからきたかご存じてスか?「ロボットという言葉は、カレル・チャペックが 1920 年の戯曲 RUR で作り出したもので、「ロッサムのユニバーサル ロボット」の略だそうです。

産業用ロボットは、人間が効率的または正確に行うことができない反復作業を実行するために、製造業でよく使用されます。

また、食品の準備、手術、実験室での研究など、人間が自分で行うには危険または困難な作業を行う他の分野でも使用されています。

ロボティクスと仕事の未来

ロボット工学と仕事の未来は、長年にわたって議論されてきたトピックです。

今日、自動化が職場でますます普及していることがわかります。

ロボットやAIに取って代わられる仕事の機会はたくさんありますよね。

ロボットといいますか…最近身近でも感じていることは、コンビニはじめ飲食店など店舗に入ったときにセルフレジが本当に多くなりましたよね。

人間である必要がなくなってきている。そうやって機械やロボットに代わる仕事が増え、働き方は大きく変わるっていくのでしょう。

変化する時代に遅れずについていくためには、スキルセットとキャリアパスを再考する必要があります。

ロボティクスにおける社会問題

ソーシャルロボティクスという分野があります。

ソーシャルロボティクスは、ロボットが人間とどのように相互作用できるかを研究するものです。

ロボット工学における社会問題は、人間と対話するロボットを設計するときに発生する課題です。

これらの課題には、ロボットがどのように振る舞い、コミュニケーションをとるべきか、ロボットの体と声をどのように設計すべきか、ロボットを通じてどのような感情を伝えたいか、などが含まれます。

産業用ロボットおよびインフラ検査ロボット

産業用ロボットは、工場や倉庫で何十年も使用されてきました。彼らは反復的なタスクを実行するように設計されており、通常、彼らの仕事を支援するためにさまざまなセンサーが装備されています.

産業用ロボットは、溶接、塗装、組み立て、梱包など、さまざまなタスクを実行するようにプログラムできます。

検査ロボットは、建物やその他の構造物のインフラを検査するために使用されます。コンクリートや鉄骨構造のひび割れやその他の損傷を検出できます。

さいごに

ロボット、ロボティクスと言っても多岐に渡ることを今回の記事から少しは感じ取っていただけたのではないでしょうか。

株式会社イクシスの「ロボット×テクノロジーで社会を守る」というミッションからロボティクスについて記事を書いてみました。

ところで…あなたはどんなロボットがいたら助かりますか?

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!