【that make sense】甘酒茶屋

From:よっぴー

ヤバいミッション探せ!

僕が調べたなるほどねー!
これは応援したくなるわ〜っていうミッションを掲げた企業や団体を僕の分析と共にお届け。

水曜日のthat make sense
いってみよ!

今日見ていくのは〜
『甘酒茶屋』

箱根神社に行こうと思ってドライブしてたところ
偶然目に入ったから
行ってみようって入ったお店なんだけど
僕の好みバチバチのお店だったんだよねー!

ミッション

昔ながらのお店だから
ミッションは掲げられていないけど

昔ながらの味を守るっていうのが
すごく伝わってくる感じがした。

後から調べて知ったんだけど
実はこのお店

江戸時代から続くお店みたいで
めっちゃ歴史が長いお店だった!

藁葺きの屋根
囲炉裏
っていう

みたき園を思い出させるような家がお店で

甘酒茶屋というくらいだから
甘酒が一番推しの商品なんだけど
無添加で作られていて優しい味がする。

僕も嫁も
甘酒って好きじゃなかったんだけど
ここの甘酒はスッと身体に入ってきて全部飲んじゃった。

他にも
きな粉餅を注文したんだけど
これがまた美味しくて笑

無駄なものは加えない昔からの味って
なんでこんなに美味しいんだろうね。

お茶屋さんの役割

昔は砂糖って高級品だったから
お米を発酵させたり
潰してお餅にして唾液と混ぜる事で甘味を得ていて

甘い味っていうのは
肉体労働の後欲しくなる味だから

箱根の山を越えようと
登山してきた人たちにとって

このお茶屋さんで一休みして
甘いものでエネルギーを補給し
目的地まで頑張っていこう

って思える場所だったのかなぁ
なんて想像したりして笑

僕は絵とか全然興味ないから知らないけど
明治時代に描かれた浮世絵には
この甘酒茶屋が描かれているらしいよ。

山越えを目指す人たちにとって
必要不可欠なお店だったんじゃないかなぁ。。。

今は車があるから
峠越えなんてすぐで

甘酒や力餅を食べて
美味しいねー!

なんて思ってるだけだけど

当時の人からしたら
何時間も歩いた後の休憩所だから

それはもう!
印象に残ったに違いない。

僕は現代人だから
お昼ご飯食べた後にお邪魔したせいで
お腹いっぱいだー!
とか思ったりしたけど

当時はたぶん
そんな事なかったんだろうなぁ
なんて想像して。。。

行くのが簡単になった分
ありがたみは減ってるかもしれないけど

昔ながらの製法で
今も変わらず甘酒や力餅を提供してくれているのは
とってもありがたいって思うし

これからも
変わらずにいてほしいと思います!

御殿場アウトレットから40分ほどで行けるから
アウトレットに行った際には
少し足を伸ばして行ってみてはどうでしょうか!

甘酒の素っていうのをネットで販売してるみたいだから
よかったら試してみてください!


あなたの周りのなるほどねー!
だからそーゆー事やってるのか!
っていう企業や団体さんあったらぜひ紹介してください!

って事で
また来週のthat make senseもお楽しみに。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

「人が自分の得意な事で生きていける世の中を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!