しけた面してんじゃねぇ!

From:よっぴー

テニスですぐ疲れるから
5分ランニング、5分ウォーキングっていうのを1時間ほど
最近始めたんだけど

走るって筋肉に負担与えてるんだなぁって。。。

絶賛太ももが筋肉痛です。。。

歩くと走るって同じ動作を早くしてるだけに見えるけど
全然使う筋肉違うんだなぁ。。。汗


さてさて今日は
しけた面してんじゃねぇ!
という話をしようと思います。

前回いっちーが
MVVよりもお金と時間がほしい
っていう記事を書いてたけど

こちら

まさに今ってそうなってるよね!

というか

打ち込めるものがない
とか
情熱を燃やせるものがない
っていう人が多すぎる気がする。

テレビを見てると勝手に時間が過ぎるし
頭が働かない時間が増えるから
テレビを見る時間を減らそう!

なんて前までは言われていたけど
YouTube見てたら結局一緒で

YouTubeもバラエティー的な内容のものが多いから
頭なんて働いてないし
刺激も何もない日々が過ぎていき
脳年齢がどんどん落ちていってしまう。

3S政策なんて言って
スポーツ、セックス、スクリーンに興味を持つようにして
政治から目を逸らせよう!

なんてしてたけど

今やスポーツにもセックスにも情熱を持てず
スクリーンをただただ見ている

そんな人がかなり多いんじゃないかなぁ。。。

パワー不足

だいぶ前に
筋肉星人(褒め言葉)のガミさんが

現代人はパワーが足りない(だから筋トレしろ!)

なんて話をしていた事があって

何かを始めるにしても
何かに打ち込もうとするにしても
何かに興味を持とうと思っても

それなりに最初はパワーが必要。

現代人は
客観視をしているとか
俯瞰して物事を見ているとか
冷静に物事を判断しているとか

自分ではそう思ってるかもだけど
実際は何に対しても意欲がないだけの状態の人がめっちゃ多い。

いつも省エネで生きているから
何かあった時にパワーを出せない人がめちゃめちゃ多いんだよね。

心も身体ももっと使っていく!

別に僕は筋トレをやればいいとは思ってないけど笑

やる気に
パワーが必要な事は言うまでもない。

もちろんそこには
栄養不足も絡んでくるんだけど
今回はそんな健康の話は置いておいて

定期的にパワーを出す場所っていうのを
個人個人で持っておかないと

いざ、何か「やりたい事」が見つかった時に
パワーってどうやって出すんだっけ?
っていう状態になりかねない。

やればできる。
なんて甘い事はなく
やらないとできるようにはならないし

使ってないところはどんどん退化していくから
やっていないとできなくなっていく。

まぁ、たぶん
パワーを定期的に出す場所を持っていないと
その「やりたい事」すら見つからないとは思うけど。。。

僕だったらテニスをする
っていうのが定期的なパワー出しの場所で

テニスをやってると
否応もなく勝手に全力を出してる。

だって
ボールが飛んできて
もうちょっとで取れそうなボールだったらあと1歩頑張って足を出すじゃない?

強いボールが帰ってきたら
それなりの力を込めて打ち返さないと身体痛めるでしょ?

パワーを出そう!って思わなくても
勝手に全力を出せる機会を持つ。

ガミの場合は、それが筋トレっていう話なんだと思うし
人によってはランニングの人もいるかもしれないし
ピアノを弾くっていう人もいるかもしれない。

僕らワイルドサイダーは
同じ毎日を繰り返しているだけ
っていう場合は少なく

何かしら理想を目指して行動してるとは思うけど

そのためには
やっぱりパワーが必要じゃない?

イチロー選手が
しけた面してるやつにはチャンスは来ない

って言ってたけど

しけた面してるやつって
大抵省エネで、パワーを出せてない人なんだと思う。

もっとパワー出して
何にでも興味持って
それが何につながるとか関係なく

興味を持ったら行動してみる。

それが難しいなら
パワーの出し方を忘れてる可能性があるから
学生時代にやっていたスポーツを再開してみるといいと思うよ。

きっと
あー、そうだそうだ
こうやって全力出すんだったわ。。。

って思い出すと思う!

全力出すと気持ちいいっていうのを思い出せると
全力出さないと勿体無い
ってなってくるから

いい循環が生まれてくると思うしね。

もっともっと身体も心も使っていきましょ!

って事で今日はこの辺で
よっぴー

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

「人が自分の得意な事で生きていける世の中を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!