変化は思っているよりもずっと早く

From:よっぴー

東京に戻ってきましたー!!

朝とか夜が涼しくて秋をやっと感じてます。

早起きしなくていいのに
朝6時くらいに一旦目覚めるようになっていて

せっかく起きたんだから
そこから朝活でもしたらいいんだろうけど

梨取りしなくていいって思ったら
二度寝してしまうんだよなぁ。。。汗


さてさて今日は
変化は思っているよりずっと早く
と言う話をしようと思います。

未来の話をしてる時
なんかワクワクしてきませんか??

僕は今の話も好きだけど
こんな事やりたい!
とか
こんな風になっていきたい!

なんていう話を聞くのが大好き。

そこに想いがあればあるほど応援したくなるし
僕も何かしら関わって行きたい!
って思うんだよね。

近い将来
どんな事になるのか?
なんて誰にもわからないけど

最新の技術が取り入れられた街
なんかにはめっちゃ興味があって

3年ほど前かな?

中国が国家プロジェクトとして未来都市を作ってる深圳に行ってみて
無人コンビニとか
街を自動で走るバスや
ゴミ収集ロボットなんかを見学したりもした。

コロナ騒ぎがあってから
中国には行けなくなっちゃったけど。。。

中国へ鍼灸や漢方の研修をさせてもらった縁もあって
中国の最新情報を手に入れる機会があってね。

今、とんでもない事になってきてるみたいだよ!

経験や技術がいる職業も。。。

中国医療って
経験がものすごく大切で
経験を積んでいくにつれいろんな事がわかっていくようになる。

だから
新人のドクターと長年やっているドクターで
治療効果に幅が出てきてしまう。

逆に
西洋医学はここがマニュアル化されているから
新人のドクターでもある程度は治療できるところが
西洋医学の凄いところだよね。

僕は諦めたんだけど
脈診っていうのがあって

手首の脈を診て身体の状態を把握する方法があるんだけど
凄いドクターだと
この脈を診ただけで

昔、交通事故にあったでしょ?
とかわかっちゃう!

え?なんでわかったの!?
って感じ笑

だから
中国医療って
機械とかに置き換わるのは難しいんじゃないのかなぁ
なんて考えてたんだけど

このコロナ騒ぎを受けて中国では
患者と触れなくてもいいような医療体制を整えようと
医療機器の開発が急速に進んだみたい。

例えば
カメラで顔と舌を撮影したら

AIが勝手に診断してくれて
あなたの身体は今こんな状態です。

っていう診断をしてくれる機械だとか

両手首のところに機械を当てたら
あなたの脈は今こんな状態です。

って診断してくれる機械なんかが出てきてる。
(※この記事の一番上にある写真が脈を読み取る機械)

さらに

この脈を読み取って
リアルタイムで遠いところにいるドクターに脈の振動を伝えるような機械まであって

機械すげー!!!

って感じ笑

自動化

お灸って煙が出るから僕はアレルギー出ちゃうんだけど
自動お灸機っていうのも開発されていて

自由に動けるアームが
患者さんが寝ているところに動いていって
ツボにお灸を自動でやってくれる。

さらに
お灸からの煙は機械が吸ってくれるから
全然煙が出ない!

なんていうのも開発されてる。

医療って
技術が必要だから

機械で置き換わる事なんて
まだまだ先だよなぁ

なんて思ってたのに
全然そんな事なかった笑

お灸ならまだ肌の表面だから
なんとかできそうな気がするけど

鍼は難しいでしょ。。。

って思ってたら

なんと。。。

自動で鍼を刺してくれる機械ももうできていて
鍼を刺した時の抵抗を分析して
鍼が効いているのかどうかの判別をしたり

鍼には手技って言って
鍼を捻ったり、抜いたり刺したりを繰り返したりするのがあるんだけど

それも機械ですることができる。

しかも
データを元に判断するから

全て自動。。。

経験がないとできない職業って
経験さえパソコンに入力してしまえば

後は勝手にAIが学習してできるようになっていくから
人がやるよりも機械がやる方が正確で正しい答えが出るっていうのも頷ける。

今は
若手から中堅医師の補助ツールとして
これらの機械が使われているけど

もしかしたら今後
機械がメインになっていく日も遠くないかもしれない。。。

変化に柔軟になっていこう!

西洋医学の分野だって
手術を機械でやるっていうのがだんだんできてきてる。

こっちは
医学会の圧力とかあるから
そうそう簡単には機械化されないだろうし
承認もなかなかされないだろうけど

今回の鍼を撃つ機械を見てると
作る事自体はそんなに難しくないのかなぁ
なんて思ったりする。

製薬業界と医学業界の利権によって
日の目を浴びないかもしれないし

発展途上国だけで開発されるかもしれないし
わからないけど

そんな事できるの!?

って言うのが
未来ではどんどんできてくる。

僕らはそれに合わせて
どう変化していくか?

これが問われているんだと思う。

今は
血糖値を測るデバイスを身体につけてるだけで
変な目で見られるけど

そのうち
身体の中にデバイスを埋め込むのが普通になってくるかもしれない。

変わっていく事に対して
どれだけ柔軟でいられるか?

そのためには
新しい情報を手に入れてアップデートしていく事と
新しい事をやっている人たちの中にいる事が重要だと思うから

会うたびにいろんな事やってる人
とか
会うたびに違う事やってる人
とか
会うたびに新しい情報教えてくれる人

なんていう人達の仲間入りをしておく。

自分も何かしら情報を仕入れ本を読み
いろんな事をやってみて
いろんな人と会ってみる。

未来の話をしている時がとっても楽しい
そんな人になって行きたいって思います!

世の中の変化が早すぎて
なかなかついていけない事もあるけど

置いてかれないように
変化していきましょ!

って事で今日はこの辺で
よっぴー

P.S.

これは、自動鍼ロボット

こっちは、自動お灸ロボット

これは、顔と舌の診断をする機械

凄いよねー!

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

「人が自分の得意な事で生きていける世の中を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!