【Vision Age】石の上には3年いない

From : いっちー

昔は石の上にも3年って言われましたけど、変化の速い今の時代では3年も一つの場所にいたら遅いとも言われていますよね。

自分が目指すビジョンによって一つの場所に3年間居続けた方がいいこともあれば、3年も待たずに次の場所に移動した方がいいということもあると思います。

僕は良いように言えば環境適応能力が高いと自分で思っている部分があって、ちょっと微妙なんじゃないかと思うような環境にも慣れてしまって長く居続けることができてしまうタイプ。

振り返ってみれば、それによって失った機会というのもとても多いと感じています。

一方、居続けたことによって得られたこともあると思うので一概にどっちがどっちとも言えないのですが…

どうして”3年”なんだろう!?

ネット上でビジョンの描き方などの記事を見ていると、そこに出てくるのは3年後のビジョンを描こうという記事を目にしました。

それで不思議だなと思ったのが、どうして3年なんでしょうね。

前述した石の上にも3年の話ではないですけど、3年もあれば人生の何かが変わっているはずだって漠然と思っている部分はないでしょうか。

僕自身が3年もあれば…って考えてしまうタイプで、短期・中期・長期でビジョンを設定するとしたら、3年というのは中期ビジョンとしてちょうど良いのではないかなと思ってしまいます。

でも、実際のところは人によって変わってくるのではないでしょうか。

3年も必要とせずビジョンを実現し新たなビジョンを目指す人もいれば、3年経ってもビジョンを実現できない人もいるでしょう。

実現できなかった場合は、実現のための行動の量が足りていなかったとか、実現のための行動がズレていたとか色々要因はあるかもしれません。

もっとも世の中の大勢の人が将来のビジョンなんて漠然と考えているのか考えていないのかというような状態で、同じような毎日を繰り返し続けていると思います。

しかし、ビジョンを思い描いて、そのビジョンの実現に向けて動いていくのであれば、今の毎日の行動や環境に変化を与えていかなくてはいけません。

同じ毎日の延長には同じ毎日しかない

たとえば、僕の例で言えば、人生を変えたいと思ったときに島田さんが主催していたSWSに入ってみて強制的に環境に変化を与えるということをしました。

その結果、クライアントワークで収入を得ることもできるようになりました。

アフィリやセミナー開催、ポストカードの販売などを通してお小遣い程度の収入を短期的に得たことはありましたけど、それまでほとんど時間労働からの収入しか得たことのない自分に大きな変化を与えることができました。

まずは、今の自分の毎日に変化を取り入れることから始めてみてはいかがでしょうか。

どんな新しい行動が思い浮かぶでしょう。

一歩踏み出せば、あなたの思い描くビジョンに一歩近づきます。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!