【Vision Age】僕もビジョンを体験した会社

From : いっちー

今日は個人的にとてもなじみ深い企業のビジョンをご紹介します。

SWS時代にもお世話になったし、最近でもお世話になることがあります。

その企業は、クラウドワークス株式会社です。

クラウドソーシングの登場が変えた副業

今でこそ世の中に副業・複業の動きがかなり浸透して、クラウドワークスやランサーズを始めとするクラウドソーシングサービスもかなり認知されてきたのではないかと思います。

一昔前の副業と言ったら、アフィリエイトやせどりを始めとした物販、今でこそコンテンツ販売と言われることも多くなってきましたが、情報商材販売。

その辺りしかなかったのではないでしょうか。

しかし、時代は流れ、クラウドソーシングによって多種多様な副業が生まれ、自分の好きなことや得意なこと、今まで培ってきた経験などが副業にそのまま結びつきやすくなりました。

一般的にクラウドソーシングは低単価と言われていますが、はじめて自分の力で報酬を得る、0→1を達成するという意味では、クラウドソーシングを活用すれば比較的様に達成することができます。

僕の初受注もクラウドワークスでした(確か)

僕もSWS時代に島田さんからの紹介ではなくて、自分で営業してはじめて案件を獲得したのはクラウドワークスだったように思います。

わずか1通だけのメルマガの作成です。
文章量もそんなに求められなかった気がします。

うろ覚えですけど500文字程度だったでしょうか。

手数料など引いて報酬は990円程度でした。

金額としては大したことないし、その後の継続につながるお仕事にもならなかったけど、自分のチカラでクライアントワークとしての0→1突破ができたことはとても嬉しかった記憶があります。

クラウドワークスのビジョンを体験していたんだ!

そんな感じでクラウドワークスとは縁があるわけですが、クラウドワークスのビジョンが「世界で最もたくさんの人に報酬を届ける会社になる」です。

僕もクラウドワークスから報酬をいただいているので、まさにクラウドワークスのビジョン実現のお手伝い?関与?した一人になるわけですが、世界中見渡したときにこのようなクラウドソーシングを運営する企業はどの程度あるのでしょうか。

クラウドワークスは報酬をいただきやすいプラットフォームだと思いますが、海外にはもっと良いサービスや、ユニークなアイデアを実行しているサービスがあるのかなとちょっと気になりました。

やはり自分はこんなビジョンを実現したいんだと思うことは勝手ですけど、実際に僕がクラウドワークスのビジョンを体験したように、そのビジョンによって確かにビジョンを体験した人がいる。そんなビジョンを定められたら素敵だなと思いました。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!