【that make sense】うめだ屋

From:よっぴー

ヤバいミッション探せ!

僕が調べたなるほどねー!
これは応援したくなるわ〜っていうミッションを掲げた企業や団体を僕の分析と共にお届け。

水曜日のthat make sense
いってみよ!

今日見ていくのは〜
『うめだ屋』

長瀞にあるお豆腐屋さんで
古い古民家を改築して作られたお店は
それだけでお豆腐をどうやって作っているのか?
が伝わってくる感じ。

前にお豆腐屋さんで
『Balloom』
というお店を紹介したけど

こちら

そこと並ぶくらい
豆腐ドーナッツが美味しいよ。
(もちろんお豆腐も美味しい)

ミッション

HPのどこをみてもミッションっぽい事は書いていないけど

店主の想いは

出来立てのお豆腐をみんなに食べて欲しい
初めて食べた「手作り豆腐」の感動を伝えたい

というもの。

昔ながらのお豆腐屋さんって
販売だけしているイメージが強いけど

『出来立てを食べて欲しい』
と言う事で

販売という方法だけではく
飲食店でお店を開いているのも

『出来立て』へのこだわりを感じるね。

美味しいお豆腐

どんな商品だって同じかもしれないけど
お豆腐って
豆腐屋さんで買うのとスーパーで買うのとじゃ
味が全然違って

スーパーの豆腐は味がしなくて美味しくない。

うめだ屋さんの言う
『手作り豆腐』の定義は

大豆を厳選し
天然のにがりを使って
長瀞の綺麗な水を使い
後は、職人の技で作る。

こういった
昔ながらの製法で作ったお豆腐
という事みたい。

ここから『感動』が生まれるっていう事なんだろうね。

昔から日本にある加工食品って
昔からの製法で今も作られているか?っていうと
そうじゃないものもたくさんあって

お豆腐や味噌
塩や酢などなど

昔からの手法だと時間がかかりすぎるから
科学的に、工業的に効率のいい方法を選択して作られているものが大半。
(だからスーパーで売っている商品は美味しくないのが多い)

豆腐もそうで
消泡剤や凝固剤などを使って
ひとまず形にしました!

っていうのが多いんだよね。。。

まだ一度も

昔ながらの製法で作ったお豆腐を
作られたその時に食べる

ってした事ないなら
お豆腐ってこんなに美味しいんだ!
って『感動』する事間違いなし!笑

お店も築100年の古民家を自分達の手で再生し
昔ながらの
っていう部分へのこだわりが見える。

何をするにしても
どんな想いでやっているのか?
が、出てくるね。

姿を消すお豆腐屋

僕が小学生の頃は
お豆腐屋さんって町に1つはあった気がする。

僕が小学生の時に住んでたところにも
小学校に行く道のところにお豆腐屋さんあったもんね。

最近は探さないとなくて
美味しいお豆腐を手に入れるのが難しくなっちゃった。

和食離れ
もあってか

お豆腐を食べる機会も少なくなってきた気がするし

お豆腐やさんも大変な時代だねぇ。。。

そんな中
ヘルシーと言う事で

お豆腐ドーナッツや
おからクッキーなどが今は流行ってきていて

このうめだ屋さんもそのうちの一つ。

僕としては
ランチで食べたお豆腐も美味しかったけど

この
揚げドーナッツや焼きドーナッツ
の方が印象が強くて

長瀞の近くを通ったら
わざわざ寄ってドーナッツを買って帰る
そんなお店になってる。

お豆腐屋さんがどんどんなくなっていて
ほんと残念だけど

頑張って欲しいなぁって思います!

美味しいものを作れば売れる
っていうわけじゃないけど

こだわっているものを作れば売れる
は、正解だと思うから

そのこだわりを全面に出していきましょ!


あなたの周りのなるほどねー!
だからそーゆー事やってるのか!
っていう企業や団体さんあったらぜひ紹介してください!

って事で
また来週のthat make senseもお楽しみに。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

「人が自分の得意な事で生きていける世の中を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!