全国初!ドライブスルーのスターバックスが伊勢崎に登場!!

From : いっちー

スタバってよく行きますか?

僕の場合は近所にスタバがないので、ちょっと街場に出かけたときに誰かとの待ち合わせや時間潰し目的で入ることがたまにあります。

なので、常日頃からスタバに行く習慣があるかと言われればまったくないのですが、我らが群馬県に全国初のドライブスルー専門のスターバックスが登場しました。

車社会の群馬県においては、その他の都道府県と比べてドライブスルーという文化が根付いています。

お店の中に入らなくても車で並んで商品を注文できるのが非常に楽です。

もしかしたら、これをお読みの方はスタバに行ったことのある回数以上に、ドライブスルーの経験がない人の方が多いかもしれませんね。

僕もドライブスルーはたまに利用します。

主にマックで利用することが多いです。

群馬県伊勢崎にドライブスルー専門店を出店

それだけ群馬県民にとってなじみ深いドライブスルーなので、スタバが全国で初めて群馬県内にドライブスルー専門のスタバを出店したのも納得がいきます。

それにコロナ以降、店内で密集することに神経を遣うお客さんもまだいると思うので、群馬でドライブスルー専門店舗がうまくいったら、他の都道府県に展開するという狙いもあるのではないか?と思っています。

群馬県にできたこのドライブスルー専門店は、すでに人気のようです。

さすがドライブスルー慣れしている群馬県民ってところではないでしょうか(笑)

スタバのMVVからドライブスルー専門店を考える

ここでスターバックスのミッションをご紹介しましょう。

スターバックスのミッションは、「人々の心を豊かで活力あるものにするために―ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」です。

僕は今回、スターバックスのドライブスルー専門店を伊勢崎に出店したという話を聞いたときにスターバックスのミッションの中にある「ひとつのコミュニティから」というのがとても頭に過ぎりました。

ドライブスルーという文化が根付いている群馬県。

そんな群馬県内においてドライブスルー専門のスターバックスはヒットして、伊勢崎という地域コミュニティを活性化させることに一役買っているのです。

まさにミッションを体現しているのではないだろうかと思いました。

グローバル企業のMVVを現実に落とし込む推進力

グローバル企業ってわりとMVVに忠実なイメージが僕の中ではあります。

日本企業ができていないっていうことではないですけど(できていないところもあるだろうけど。笑)

MVVだけで戦略決定をするわけではないと思いますが、グローバル企業は、MVVに順じてシンプルな動きをするなと個人的に思いました。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!