押入れのMVV

From: いっちー

地元で開催されているアートイベント「押入れ百貨店」に行ってきました。

MVVを打ち出しているわけではありませんが、コンセプトやメッセージなどを見ていて、この辺りがミッションに近いものかなとか、ビジョンになるのかなと考えながら鑑賞していました。

もちろん作家さんたちはそんなことを考えていないかもしれません。

僕がこうかなと思っていても、まったく違うよ、そういうことが言いたいんじゃないよということも十分にあるでしょう。

でも、今まで掲げられたMVVの事例をたくさん見てきて、そうではなくてMVVが言葉として掲げられていないところから、もしMVVがあるとするならばこんなことが言いたいのではないか?

と考えてみることも面白いのではないかと思いました。今日の記事は、写真とともに振り返ります。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!