【Vision Age】日本一を掲げる気持ちと覚悟

From : いっちー

今日はどんなビジョンを紹介しようと思ったら、ちょうどわが地元の群馬県に関するイベントが目に入りました。

ソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」を運営する株式会社クラダシが、群馬県富岡市での、社会貢献型インターンシップ「クラダシチャレンジ」の参加学生の募集を開始したそうです。

まず、ソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」とはどんなサービスなのだろうか?というところですが、ここでお買い物をすることによって、その売り上げの一部が社会貢献団体に寄付されるという仕組み。

つまり個人のお買い物が社会貢献につながるということのようです。

ビジネスコンテスト参加したことある?

そのクラダシが社会貢献型インターンシップとして開催する「クラダシチャレンジ」の内容が、養蚕・シルク商品のマーケ・PRを考えるビジネスコンテストとのこと。

なかなか面白そうじゃん!と思いましたが、対象が学生さんなのですよね。

僕も現役の大学生のときに母校でもこういう学生のビジネスコンテストってありましたけど、そういうのには一切興味を示しませんでした。

今思えば、ちょっとチャレンジしてみても面白かったかなと思います。

そもそも興味なかったからチャレンジも何もないですけど(笑)

日本一を掲げるということ

そして、クラダシのビジョンが「日本で最もフードロスを削減する会社」とのこと。

フードロス関係は、僕もお仕事で関わらせていただいたことのある業界でそれをキッカケに勉強する機会がありましたが、SDGsの流れもあって、とても注目されている分野の一つだと思います。

今回のビジョンを転用して考えるとするならば…

「日本で一番」とか、「日本で最も」というような表現方法はよく使われる方法だとは思います。

インパクトもある反面、それを達成することができなければいつまで経っても周囲から認められることのできない表現方法でもあると言えますし、やりきる覚悟を強く求められる表現方法だと思います。

自分(たち)は絶対にこの業界で日本一になるんだと強い気持ちと覚悟を持っているならば、力強い表現方法になるのではないでしょうか。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!