MVVに共鳴するお客さん

From : いっちー

自分と気が合うお客さんたちに囲まれていますか?

自分の求めるお客さんと違う層のお客さんが集まってきてしまっているときは普段の発信内容を見直すというのもありますが、自分のミッション・ビジョン・バリュー(以下、MVV)を発信する必要もあるかもしれません。

たとえば、自分の公式サイトやブログの中に自分のMVVについて説明するページを設けたりするのも良いのではないでしょうか。

ある企業のMVVを紹介するページを見ていたら、MVVを紹介するページがあるといいなって思ったので今日はその話をさせていただきますね。

MVVを掲げることのメリット

株式会社dotDという事業創造ファームがあります。

この企業が最近MVVを刷新したのですが、MVV刷新に伴いコーポレートサイトに、MVVの紹介や企業の文化などを紹介するページを作りました。

上のリンクから飛んでいただいて見てもらえば分かると思いますが、その企業がどんな企業なのかページを見ると、どんな雰囲気の企業なのか、どことなくイメージがつきますよね。

うちの企業規模はこのくらいでとか、こんな商品を扱っていて…なんていうのも確かに大事ですけど、その企業がどんな想いを持って企業活動をしているのか。

どんなミッションを持って、どんなビジョンを持って、どんなバリューを持っているのか。

それが分かると共鳴する人はとことん共鳴すると思うんですよね。

MVVを見てもらうことによって、想いや価値観を共有できる人が集まってくると思います。

もし、自分の公式サイトやブログにMVVを紹介するページを作っていなかったとしたら、MVV紹介ページを設けてみるのもいかがでしょうか。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!