日本のMVV

From : いっちー

昨日は衝撃的なニュースが飛び込んできましたね。

ちょうどリアルタイムでその一報を知りました。

政治に関心があるかないかと言ったら僕は政治に関心がある方だとは思いますが、政治を詳しく語れるほど知っているかと言われたらそこまで知っているわけでもありません。

ただ選挙にはどうしても行けない事情がないかぎりは毎回行くし、興味関心がないということはないです。

アベノミクスとか、アベノマスクとか、リオオリンピックの閉会式でマリオの格好をして出てきたとかそういう印象が強いですが、具体的な政策の部分まで深く語れるほどは知りません。

安部さんがお亡くなりになられてから、安部さんはどんな思い(ミッション・ビジョン・バリュー)を持って政治活動に当たっていたのか急に知りたくなりました。

MVVを知る

MVVを知れば、その人がどんな思いで仕事や活動をしていたのか分かると思ったからです。

なので、ネットで検索して調べてみることにしました。

もちろんMVVなんて制定していなかったかもしれません。

だけど、安部さん個人のMVVを制定していたとするならば、安部さん首相任期中に日本国に対してMVVを制定していたりしたのかもしれないと気になったからです。

今まで何度もMVVの事例をこのメディア内でご紹介してきたので、多くの企業がMVVを制定していることは分かったと思います。

企業は企業でももう少し広いい意味で、スポーツチームのMVVをご紹介したことはありました。

だけど、自治体とか各省庁、内閣とかはMVVを制定することはあるんだろうかとふと疑問に感じたのです。

今こそ生活にMVVを

少し調べた様子だと、デジタル庁はMVVを制定している様子。

ただ、安部さんご本人のMVVや安部内閣としてのMVVはちょっと見当たりませんでした。

今回の件を踏まえて、SPなどの警備の強化はより一層強くなるでしょう。

拳銃なども今は3Dプリンターなどの技術で簡単に作れてしまうと聞きます。

安部さんの一報を聞いて精神的に落ち込んでしまっている方もいるでしょうし、模倣犯が現れないか不安な気持ちの方も多いと思います。

日本中がナイーブになっているこの時期だからこそ、僕たちは国として、国民として、個人として、どのようなMVVを掲げ生きていくのか。

こんなときだからこそよりMVVの重要性を感じました。

さて、明日は参議院選挙の投票日です。期日前投票の時点で3年前を上回っているとのことです。

これからの日本がどうなっていくのか。積極的に関心を持っていきたいと思います。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!