オリジナルがいいってわけじゃない

From:よっぴー

梅雨ってもう明けたの?
っていうくらいいい天気が続いていて

気温もめっちゃ高いし
脱水には気をつけたい季節になってきた。

もちろん
水だけじゃなくミネラルの補給も忘れずに!

いい塩で料理するだけで健康になるぞ!


さてさて今日は
オリジナルがいいってわけじゃない
と言う話をしようと思います。

水曜日はテニス!
仲間を集めてコート借りてって
めんどくさいからスクールに行ってるんだけど

いつもは10人いるとか普通のクラスなのに
なんと一昨日は2人だけ!

コーチいれても3人だから
ダブルスはできないよね。

って事で
滅多にやらないシングルの練習をしたんだけど。。。

いやぁ、キツい笑笑

コーチとシングルしたら
コーチも本気で打ってくれてね。

やっぱり違うなぁって思った。

何が違うって。。。

球威と回転数とか
ボールの跳ね方とか重さとか

けど

それでポイント取れると嬉しいよね!笑笑

自発的に打つ

現代テニスは
オープンスタンスが基本と言われていて

どのプロを見ても
オープンスタンスで基本的には打っている。

もちろん体制が万全の時には
クローズスタンスで打つんだけど

基本的には
オープンなんだよね。

詳しくは言わないけど
このオープンスタンスっていうのは
走らされた時に身体が自然となってしまう打ち方なんだけど

このフォームで常に打つのが当たり前になりつつあるって感じ。

この打ち方の特徴としては
自分から遠い距離にあるボールにも届く
っていうのと
打った後にすぐ動けるからリカバリーが早い事
とか
相手のボールの球威をそのまま使えるから打つのが楽
などなど

メリットが多いから
これが主流になってる。

僕も流行りに乗って?笑笑
オープンスタンスばっかり使ってるんだけど

今回コーチに言われた事が
オープンスタンスに逃げないでください。

って。。。

オープンスタンスって
軸足が的確なポイントになくても
誤魔化せてしまう打ち方なんだよね。
(だから走らされた時とかこの打ち方になる)

ボールとの距離がある程度の範囲内だったら
調整が出来ちゃうから

オープンスタンスばっかり使ってると
足を動かすのをサボってしまうんだって!

確かに
自分の力でしっかり踏み込んで打つって
(この一歩の踏み込みがオープンスタンスにはない)

なかなかしないんだけど

特に僕なんか
相手の球威をそのまま返すの好きだから
踏み込んで決めにいくってなかなかしない。

それだと勝てるようにならないし
自分で踏み込んで打たないとゲームメイクが出来ませんよ
って言われて。。。(^◇^;)

それに
自分で踏み込んで打つ事をしないと
調子が出ない時に立ち直れなくなるんだってさ。

自分に都合のいい捉え方

ここにも僕の性格が出てるのかもしれないけど
勝ちたいっていうよりかは

トリッキーなショットを打ちたい
とか
相手のカウンターを狙いたい
とか

自分から攻めるんじゃなくて
攻めてきたのを上手に返す
って言うのが好きだから

そういう打ち方になってしまってるんだと思う。

試合の時に
相手に粘られると負けちゃうのは

こっちから体重を乗せて打たなきゃ行けないからで

それに慣れてないって言うのが
大きな要因。。。

わかってるんだけど
相手の力使って打った方が楽だから
楽に逃げちゃうんだよねー(^◇^;)

今回コーチと打って
自分がいかに自分の都合の良いように解釈して
サボってたんだなぁと

改めて実感。

何でもそうだけど
基本を忠実にやった後で
自分のオリジナルをやってかないとね。

(今回はテニス歴が長いから自分のやり方にこだわってしまってたんだと気付かされた)

長くやればやるほど
こう言う事が起こってくるだろうから
一度基本に戻る
っていうのは大切かもしれません!

そこで新しい発見があったりもするから
基礎練習からの応用練習って
順番を踏んでやろうと思います!

って事で今日はこの辺で
よっぴー

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

「人が自分の得意な事で生きていける世の中を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!