いつか憧れたことは、いつかそのときがくる

From : いっちー

今まで、これができるようになったらいいなー
って憧れたことはありませんか?

僕は今でもよく思うのが
絵が描けるようになったらいいな~と、
絵を描けるようになることへの憧れが強いです。

昔から絵は苦手で、生まれてこの方、画伯です(笑)

あと、図解が作れるようになりたいって
図解デザイナーさんに憧れたことがありましたね。

図解投稿ってTwitterで一時すごく流行ったんですが、
確かに図解付きで投稿すると
エンゲージメントが伸びるんですよ。

なので、図解が得意な人のアカウントって
伸びている印象があります。

また、図解が作れるとInstagramや
ピンタレストなどの画像系プラットフォームに
コンテンツを横展開できるという旨味もあります。

そして、オリジナルの図解を
ブログに挿し込むことによって
SEOにも有利だと言われています。

前回、ラッコキーワードの話をしたと思いますが、
上位記事の構成ってたいてい似ているんですよ。

その中で、自分たちなりの
一次情報をどれだけ書くことができるか
大事になってきます。

そのときに文章だけではなく、
オリジナルの図解や写真なども
有効とされているんですね。

それなりの図解が作れるようにならないかと
図解本や図解に関するオンラインコンテンツを
集中的に購入した時期もありましたが、
今でも満足のいく図解が作れたことはありません。

文章を図に変換するってむずかしくないですか?

いまいちそこの転換が自分の中でうまく表現きません。

もっとも圧倒的に量が足りていないので、
作って作って作りまくれ!という段階ではありますが…

図解もお願いできませんか?

今日はそんな自分に起きた転機の話をします。

今、記事LPの案件を受注して
継続的にお仕事させてもらっているのですが、
クライアントより要望があって、
もしお願いできたらLPに挿し込む図解も
作っていただけないだろうかとのことでした。

どのような図解がほしいのか
イメージを共有していただいたのですが、
Canvaでも使用すれば自分でも対応可能なレベルでした。

もっともその部分だけ
自分ではやらないで外注するのもありですけど、
冒頭に書いたように図解デザイナーに憧れた自分は、
これは仕事の幅を広げるチャンスだと。

まずは自分でやってみようということにしました。

図解を制作するチャンスがやってきたのです。

そのときは訪れる

今回の件から感じたこと。

それはいつタイミングが
巡ってくるか分からないということです。

一時、図解作れる人に
憧れまくっていた自分に巡り巡ってきた機会。゙

バチッと鍛えて、ワルサイメディアでも
オリジナルの図解を
挿入できるようになることが目標です。

あなたもこんなことできるようになったらいいな~って
いつかの自分が憧れていたことが、
そう遠くないうちに実現する未来がくるかもしれません。

希望を抱いて今日を生きましょう。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!