ピエトロドレッシングの会社のMVVとは

From: いっちー

申し訳ないんだけど、会社のMVVに
まったく共感できないんだ…
そんな経験をしたことはないでしょうか。

正確に言うと、会社のMVVというよりは、
社長が勝手に一人で、
あるいは経営陣だけで勝手に決めたMVV。

決めたあとにうちのMVVはこれでいくから!
なんて言われても、おっ、おう…って感じで
自分事として捉えることは
むずかしいのではないでしょうか。

だけど、世の中には社員全員で
ちゃんとMVVを決める会社も存在します。

今日の記事では、MVVを社員全員で決めた
企業のバリューをご紹介します。

ピエトロドレッシング知ってる?

ピエトロという企業名を聞いたことはないでしょうか?

「ピエトロドレッシング」が有名なあのピエトロです。

ドレッシングなどの調味料の他に
レストランの運営もおこなっています。

ピエトロでは、年間数十回のワークショップを
全社員参加で行ない、MVVをつくり上げたそうです。

行動規範(バリュー)だけでも…

I. 経営基本方針
ピエトロは、「おいしさ」と「健康」を追い続けます。
ピエトロは、感謝してお客様を大切にします。
ピエトロは、新しい食文化を提案します。
ピエトロは、会社の発展と社員の豊かな暮らしを実現します。

II. ブランド価値を高める行動
1. おいしさの追求
私たちは、おいしいという気持ちが伝わるもの、魂の入っているものをつくります。

2. お客様満足度の向上
私たちは、お客様の「おいしかった」という言葉を宝とし、常に誠意をもって接し、万が一クレームが起きてしまったら、持てる限り最大の誠意で対応します。

3. ブランド価値の向上
私たちは、ブランドに誇りを持ちながらピエトロらしさを追求し、独自のおいしさ・スタイルを確立した商品・サービスを提供します。

III. 社会の一員としての行動
1. お客様のために
私たちは、お客様の立場に立ち、安全・安心かつ質の高い商品・サービスを提供します。

2. 株主のために
私たちは、株主の利益を念頭に置き、株主・投資家等に対し、会社の経営内容及び事業活動状況について積極的かつ公正に開示します。

3. お取引先のために
私たちは、お取引先との信頼関係を大切にし、透明で公正な取引を行い、共に繁栄していくパートナーシップを築きます。

4. 地域社会のために
私たちは、地域社会と密接に連携し、社会の一員として社会貢献活動に積極的に取り組みます。

5. 従業員のために
私たちは、従業員の人権及び個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を作り、従業員の満足度を向上させるよう努めます。

6. 市民社会のために
私たちは、市民社会の秩序と安全に脅威を与える反社会的勢力・団体に対して毅然とした態度で臨みます。

7. 会社財産の保全
私たちは、会社の資産や個人情報を含む秘密情報などの会社財産を適正に管理し、業務外使用や漏えいなどの不正行為は行いません。

8. 環境との共生
私たちは、自然環境の恵みによって生まれた素材により商品を提供する企業として、環境にやさしい企業活動を行います。

IV. 行動規範の遵守・徹底
私たちは、報告・連絡・相談を大切にし、嘘やごまかしは絶対にしません。良いことよりも、悪いことこそ早く報告します。
そのために関係法令に基づき、ピエトロ行動規範の遵守と徹底に努め、高い倫理観のもと良識ある企業活動を展開します。

出典 : https://www.pietro.co.jp/company/about/housin/

個人は3~5個くらいでOK

バリューを設定する企業は多いですが、
僕が今まで調べてきた中でも、
ブランド価値を高める行動や、
社会の一員としての行動など
かなり細かく設定している企業ははじめてでした。

これを個人でやるとなるとなかなかしんどいと思います。

個人でここまでやったら、
それはそれでインパクトがあると思いますが、
個人で多くのバリューを設定しても
それが実践できなかったら意味がないですよね。

だから、3~5つ程度のバリューをおすすめします。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!