【Vision Age】海外に覇権を握られている?

From : いっちー

ビジョンを決めるときに参考になるポイントがあると
決めやすいと思いませんか?

ビジョンを決めようってなって
参考に色々なビジョンの事例を見ても、
事例がありすぎて結局どういうスタイルがいいのか
迷ってしまいますよね。

僕もなんのポイントも分からずに
ビジョンを決めてってなったら、
どういうのがいいかなーって
とても迷ってしまいそうです。

でも、ある3つの簡単なポイントを
押さえることによってビジョンを決めやすくなります。

今日の「Vision Age」では
今まで取り上げたことがなかった
業界のミッションをご紹介。

イーナさんの得意分野の業界になります!

イーナさんの得意分野と言えば
古くからワルサイメディアを
ご覧になってくださっている方は
お察しがつくかもしれませんが…。

そうです!ゲーム業界です。

今日はNeon Giantという
ゲーム制作チームのビジョンをご紹介します。

海外ゲームの脅威!

Neon Giantのビジョンは
「世界と肩を並べるようなワールドクラスの
アクションゲームを制作する」です。

もうここ何年もゲームをやる機会がなくて、
最近のゲーム業界事情もよく分かっていないのですが、
今って海外の制作チームが作ったゲームのクオリティが
高いということは見聞きしたことがあります。

僕が子供の頃のイメージとしては、
ゲーム業界って日本が抜きんでている
という印象がありました。

世界的にファンの多いタイトルも多いですしね。

それが今では海外ゲームはすごい
っていうイメージがあります。

そこで「世界と肩を並べるようなワールドクラスの
アクションゲームを制作する」というビジョンは
とても具体的かつ現実的で良いのではないでしょうか。

僕個人の好みの問題ですけど、
壮大すぎたり、ただキレイなこと言ってるだけじゃん!
というビジョンより、
事業内容に沿っていたり、
現実的で明確なビジョンに惹かれる傾向があります。

個人に活用できる3つのポイント

Neon Giantのビジョンを
個人のビジョンに転用して考えるならば、
自分のビジネスや主となる活動に沿ったビジョンにする。

また現実的で明確なビジョンにする。

というところでしょうか。

また、いつまでにどうなるという感じで、
期日が入るとビジョンにリアリティが
より増すのではないかと感じます。
最後に今回のポイントを振り返ります。

➀ 自分のビジネスや主となる活動に沿ったビジョンにする
➁ 現実的で明確なビジョンにする
➂ 期日を入れる

参考にしてみてくださいね。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!