【Vision Age】日本文化を知っていますか?

From : いっちー

日本の文化に触れる時間はありますか?

最近もSNS上で、海外に行ったら
日本のことをよく聞かれるけど、
それに上手に答えることができなくて、
帰国後に日本文化に触れる時間を持つようにしている
的な投稿を見かけました。

日本文化と聞いてどんなものが思い浮かぶでしょうか。

人によって出てくる答えはそれぞれだと思います。

僕の場合は道とつくものが一番最初に浮かんできます。

弓道、茶道、書道などです。

日本にはそのように
〇〇道とつくものがたくさんありますよね。

その中でも小1~高3いっぱい書道を習っていたので、
僕としては一番慣れ親しんでいたものは書道となります。

あなたも、何か子供時代の習い事として、
大人になってからの習い事として、
〇〇道とつくものを習っていませんか?

または、僕の場合は神社が結構好きなので
日本文化といえば神社とかでしょうか。

いずれにせよ深く日本文化を知っているかと問われれば、
自国のことでありながら
しっかり理解しているとは言い難い部分があります。

インテリアブランドのビジョンをご紹介

今回の「Vision Age」では、
今まで企業ビジョンが多かったと思いますが珍しく、
インテリアブランドのビジョンを紹介します。

企業ビジョンもブランドビジョンも
そんなに違うものではありませんが、
ブランドビジョンって聞くと、
言葉が洗練されているような気がしますよね。

今回ご紹介するインテリアブランドは
KNOWNIZEというブランドです。

ブランドビジョンが「日本の文化を、世界の宝に。」です。

一般的なよくありそうな言葉ではありますが、
企業のビジョンとしてより、
ブランドのビジョンとしてこの言葉を持ってきた方が
洗練されているように感じないでしょうか。

僕の場合は、
日本の文化は、世界の宝にできると思うよ?
とぼんやりと思っているものの
具体的な根拠を求められてしまうと、
なんでって言われてもなあ…と説明できないです。

自国の文化に対する理解の低さと、
自国の文化をただの感覚として
誇らしいと思っている自分がいるのでしょう。

あとは、海外に長期滞在の経験とかもないので、
外の人から見た
日本がよく分かっていないのかもしれません。

KNOWNIZEの商品は、
世界三大デザイン賞のひとつである
レッドドット・デザイン賞で入賞の経験もあります。

なんでって言われてもなあ…なんて言ってるような
僕とは違い世界に日本文化を発信し、
評価を得るまでになっている。

このようなブランドだからこそ、
「日本の文化を、世界の宝に。」
というビジョンが説得力のある言葉になります。

最後に、KNOWNIZEの商品をご紹介。

スタイリッシュで洗練されていると思いませんか?

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!