【Vision Age】嗚呼、伊勢の神様

From : いっちー

あれは何年前だったでしょうか。

SWSの報告会で伊勢志摩に行ったことがあるんですよ。

僕としてもはじめての三重県、はじめての伊勢。

自分としてはもちろん伊勢神宮に行く気満々でした。

こんなチャンスはなかなかないですからね。

伊勢神宮のことを色々ネットで調べているうちに、
伊勢神宮のパワーをいただくには
正しい参拝のルートがあると知りました。

もっともその情報の提供者が
どこからか経由で聞いた話なのか、
公式にそうなのかはちょっと記憶から
なくまってしまいました。

伊勢神宮に呼ばれない男

とにかくその通りに参拝しようと思って、
SWSの現地集合時間まで時間があったから
レンタカーを借りて、
伊勢神宮に行く前に他の神社・仏閣を廻ったんですよ。

確か、伊勢神宮の裏鬼門の方向にあるからなんちゃら~
みたいな話だったと記憶しています。

三重の道ってなんとなく群馬に似ています。

だから群馬走ってるみたいだな~なんて思いながら
車運転していたのを覚えています。

SWSの報告会終了後に
他のメンバーはみんなして
伊勢神宮に行きました。

帰りの都合でタイムアウトがきてしまった僕は、
せっかく正規の参拝の手順を踏んだのに、
肝心の伊勢神宮にたどり着けなかったという…(笑)

伊勢神宮って縁がないと
呼ばれないみたいな話がありますもんね。

残念ながらその当時の僕は、
伊勢の神様に呼ばれていなかったようです。

それ以来、伊勢に行く機会もないですし、
引き続き僕は伊勢に縁がないようです。笑

伊勢志摩の話から唐突にビジョンの話

さて、どうして今日はそんな伊勢志摩の
思い出話をしたかというと、
そこが今日の「Vision Age」に繋がる話になります。

今日ご紹介する会社は
レストラン事業などを営んでいる
株式会社ひらまつです。

株式会社ひらまつは、
伊勢市二見エリア活性化プロジェクト
というのがあるようで、
その地域アンバサダーとして
参画することが決定。

ひらまつのビジョンが
「この世界を、食の感動でつながる大きなテーブルに」です。

食の感動でつながるこの世界

僕は個人的にこのビジョン
いいなって思ったんですよね。

具体的にどのようなところに惹かれたかというと、
この世界を、食の感動でつながる大きなテーブルにって、
このテーブルっていう表現が
オシャレでセンスあるな~って思いました。

テーブルって単語を使える業界も
限られてくると思いますし、
ビジョンが事業内容に合っていると思いました。

ここ数回同じようなことを言っている気もしますけど、
自分の活動内容や事業内容にMVVが合っているのか。

MVVがしっくりきていないときは、
MVV自体がずれているのか、
それとも意味や方向性はそのままに使うワードを変えるだけで
しっくりくるのかどうかは考えてみると
よいかもしれません。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!