SWSの教科書とコンテンツ作成

From : いっちー

コンテンツ販売をしたことってありますか?

自分にはそんな売れるようなノウハウはないよって
その時点で脱落してしまう人もいるかもしれません。

だけど、コンテンツ販売って実はシンプルで、
自分が実践していることを
アウトプットして溜めていけば、
コンテンツが出来上がります。

そこにニーズがあるかどうかという市場リサーチは
必要かもしれませんが、
何かを実践していく中で自分が躓いた部分は
どこかで誰かも躓いている可能性があるかもしれない。

その部分に対して、自分はこうやって解決したよ
と教えてあげることだと考えれば、
そんなにむずかしいことではないですよね。

今回の記事では、コンテンツを作成する上での
初歩的な考え方をご紹介したいと思います。

「なるほど!そういうことね!」

と思ったら、
ぜひ、どんなニッチなコンテンツでもいいので、
コンテンツ作成に
取り組んでみていただけたらと思います。

久しぶりのワルサイMTG

イーナさんが療養中ということもあって
久しぶりになりましたが、
昨日、よっぴーさんと二人で
今後のワルサイメディアの運営に関して
ミーティングをおこないました。

その中でサイト運営の話にもなったのですが、
今のワルサイメディアは
検索がしづらくないかという話に。

トップページに
検索窓を設置しようという話になったのですが、
いかんせんイーナさんが
設定してくれたテーマを使用しているので、
どう操作すればいいか分からず二人して諦めました(笑)

もし同テーマでトップページに
検索窓を表示するまでの実践記を記録し続けば、
それもコンテンツになりますよね。

ネットでちょっと調べた感じでも
このテーマで検索窓を
設置する方法が分からなかったのですが、
同じように困っている方はいると思うんですよね。

だから、コンテンツの作成の材料自体に関しては
決してむずかしいことではありません。

お客さんの悩みや解決したい問題→得たい結果、
理想の未来。

この矢印の間を埋めていくのがコンテンツ。

今、自分に何もないと
感じているなら取り組んでいることを記録していく。

何かの教材や本の内容を実践して
その実践を記録していく。

やっていくうちにこの部分、
こうだったらいいのになって
満たされていないニーズを掴んだら、
それをコンテンツにしていく。

簡単でしょ?

どんなに良いと思われるコンテンツにも
必ず穴はありますから。

自分だけの教科書を作ろう

SWSに参加していた当時、参加している僕らは
SWSでの学びや気づきを自分だけの教科書として
作っていたのですが、
それも売ろうと思えば売ることのできる
コンテンツでした。

自分たちの体験してきたことが
ベースのコンテンツでしたから、
めちゃくちゃ価値があると思います。

クライアントワークで0→1獲得の教材って
今いくつかありますけど、
今の市場に5万円以上でリリースしても
全然価値があるんじゃないかと
思えるような本質的なコンテンツ。

確かその当時から
島田さんにこれは売れますからって
言われていたような気がするんですよね。

今になって教科書って思っていた以上に
価値があるんだなと気づくという…。

僕の場合、今使用している方ではない古いPCの方に
その教科書が入っていて、
古いPC自体にキーボードの不具合で
ログインできなくなっちゃってるんですよね^^;

僕らもワルサイメディアのペルソナの見直しに始まり、
ペルソナをどこからどこに導くのか再度確認した中で
明らかに今、提供できていないコンテンツがあるよな
と明確になったものがありました。

今回再度見直したことによって、
ワルサイメディアの記事にも
厚みが増してくると思います。

ぜひ、ご期待ください!

それでメディアがどんどん育っていけば、
メディアの育て方として
リリースすることもできますよね!

よかったらコンテンツ作ってみてくださいね。

まずは、実践と記録ですよ~。

P.S.

よっぴーさんにも突っ込まれましたが、
アイキャッチのこの背景ですが、
これは絶賛、今放送中の暴太郎戦隊ドンブラザーズに
出てくる喫茶店なんですよ(笑)

公式が配布しているバーチャル背景で、
ここぞとばかりに変えてみました(笑)

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!