あなた「だけ」の

From : いっちー

先日、あなたがどんなことで求められているのか。
あなたの価値を発見しよう
ということで記事を書きました。

記事を読んでいただいてから
周りの人との会話の中で、
あなたが求められていることの
ヒントは見つかりましたか?

人間は変化もするし、成長していきます。

今、あなたが求められていることや、
あなたが提供できる価値もいずれ変化します。

なので、きっとこんなことが
求められているのではないか?と思うことがあったら、
気軽にそれを外に発信してみましょう。

僕も知識を実践に落とし込む、
アウトプットというわりとニッチなジャンルで
求められていることが分かったので
今はそこを軸に個人の発信の軸と意識して
活動しています。

アウトプット人生をスタートさせたキッカケの失恋

20代前半の大学生の頃に
数年間お付き合いした彼女と別れ、
失意のどん底に自分を支えてくれる本はないかと
救いを求めて地元の本屋さんに足を運びました。

そこで出会ったのが、
セラピストの石井裕之さんの「ダメな自分を救う本。」

どんな些細なことでもいいから、
小さな一歩を積み重ねよう!

そんなメッセージを受け取り、
手書きの日記を書くようになりました。

これがアウトプットの始まりになりました。

やがてSWSで読書要約の課題を出されたときも
アウトプットのトレーニング
みたいなところもあったと感じていますし、
アウトプットというのは自分の人生に常にありました。

そして、自分のアウトプットを
求めてくれている人がいるということが分かって
今に至ります。

自分の成長に合わせて求められることも、
提供できることも変化していくのが自然な流れです。

発信するジャンルの方向性を定めてから、
ひと月で50人弱程度の方に
フォローしていただいています。

人数としては決して多くもありません。

まだ数ヵ月観察してみる必要はありますが、
概ね方向性として間違ってはいないかと感じています。

自分が選ばれる理由をちゃんと説明できますか?

さて、ここからが問題です。

自分が提供できる価値はなんとなく分った。

だけど、自分と同じようなことを提供している人って、
個人としても企業としても
少なからずいるはずです。

その他大勢ではなく、
自分が選ばれる理由はなんなのか?

そこに自分「だけ」が
提供できる価値があるのではないでしょうか。

にしかできない価値のDot Homes

そんなことを、
ある企業のバリューを見ていて思いました。

その企業は、株式会社Dot Homes。

Dot Homesの事業内容は、

・プロデュース
・オペレーション
・コンサル・
・メディア

になります。

事業支援全般をしているイメージでしょうか。

Dot Homesのバリューが、

01

考えて、考え抜いて、Fantastic!な仕事をする。
そして、絶対に諦めない

02

ヒエラルキーは不要。個性を尊重しながら、
一つのゴールに向かう「チーム」になる

03

クライアント様に誠実に向き合い、
Dot Homesにしかできない価値をご提供する

出典 : https://dot-homes.jp/about/

バリューとなると、
ワードを持ってくる企業が多いです。

その中で、Dot Homesの場合は
しっかりと言葉になっていることが印象的です。

3つ目のバリュー「Dot Homesにしかできない価値」
という一文を読んだときに、
「にしかできない価値」ということについて
書きたいなと思いました。

心に余裕のあるうちにこそ考えてみよう

今やっていることがうまくいっている。
やり慣れているからラクだと感じていたら、
自分にしかできないことを考えて
決断を下す必要なんてないと感じているかもしれません。

それはあなたの決断力がないわけではありません。

ラクな方に流れてしまっているとかでもありません。

うまくいっていることを
イジらずに伸ばすという戦略なのではないでしょうか?

うまくいっていて、
心に余裕のあるときこそ
次の一歩を考えるのにとてもよい時間です。

切羽詰まっていたら、
次の一歩も冷静に考えられないですからね。

あなたや、あなたのビジネスだけにしか
提供できない価値を考える時間は持てそうでしょうか?

余裕のある今だからこそ、
一日5分でもいいので
時間を作って、考えてみてくださいね。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!