視点は知識の差

From:よっぴー

小麦粉を食べないようにして早くも1ヶ月。

小麦粉を食べないってなると
唐揚げもできないし
カレーもダメだし
デミグラスソースもダメ

小麦粉使ってなさそうに見えて小麦粉使っている料理って
めっちゃ多くて

出来上がった商品だけ見てると
見えない裏側ってあるよなぁなんて思ってる。

家だと
小麦粉の代わりに片栗粉とかコーンスターチとか使って
料理を作ればいいから

最近は、鱈を焼く時に
片栗粉とコーンスターチをまぶして
白身魚の唐揚げ風(七味唐辛子味)を作ったらめっちゃ美味しかったぞ!笑

ぜひ、作ってみて!


さてさて今日は
視点は知識の差
という話をしようと思います。

先日
コナンの映画公開初日に見に行ったんだけど。。。

嫁曰く歴代最高傑作らしいので
2回目見てきたぞ笑笑

もう
セリフほとんど言える気がする(^◇^;)

結局同じ

同じ映画を2回連続で見る
なんて人生で初めての体験で
なかなかいい気づきがあったんだよね。

一番感じたことは
何回見ても同じところを見てるんだなぁって事。

僕は
映画の音楽とか演出とかではなく
ストーリーを意識してインプットする傾向にあるから

2回目は
音楽とか演出なんかを意識して見てみようって
思ってたのに

いざ映画が終わってみると

あ!
忘れてた!

ってなる笑笑

全て流れは分かった上で見てるから
次に起こる事も知ってるし
なんなら次に言うセリフなんかも分かってたりするのに

やっぱり
ストーリーを観てるんだよね。

1回目と違うところは
犯人を特定するヒントにちゃんと意識が行ってるっていうところだけで

その他は
1回目と同じ見方をしちゃってたんだよねー(^◇^;)

一種のスキルかも

これは一種の僕のクセ。

嫁は
音楽がいつもと違ってたけど
今回の音楽も良かったね!

なんて言うけど
音楽なんて耳に入ってきてないし笑笑

ってか

映画を観てるのに音楽に意識を向けれるのめっちゃ凄いなって思った。

動画クリエイターさんとかなら
演出とか
カット割りとか

そういうところに気が行くんだろうけど。

ストーリー以外の部分に意識を向けられるのって
一種のスキルなんじゃないか?

なんて思ったりする。

今まで映画をあまり観てこなかったから
映画の楽しみ方をもしかしたら知らないのかもしれない

って少し思って

映画を見る習慣をつけてもいいかなぁなんて思ったりして笑笑

2回目でもやっぱり。。。

あと思ったのが
さっきも言ったけど
僕の楽しみはストーリー。

どういう流れを経てどういう結末になるのか?
が、面白みなわけで

ストーリーを知ってしまった2回目とか
面白くないだろうなぁって思ってたんだけど

よく考えたら僕は
人の努力が実った時とか
何かに向かって一生懸命努力をしているところに感動ポイントがあるから

映画を観てる時も
登場人物の生きてきた背景とか
今その行動を取っているこれまでの努力とかまで想像しちゃって

2回目だとしても感動はするんだなぁって思った笑笑

邦画は
感動させてやる!
っていう気満々だから

天邪鬼センサーが働いて
感情移入しないように心のフィルターがかかったりするんだけど

コナンって
感動させたいわけじゃないから

すんなりとキャラクターの背景や生きてきた動機
今の行動に繋がる映画では描かれていない部分
なんかを想像しちゃって

感動できるんだよなぁ。。。

結局は知識なんだよなー

嫁は音楽とかストーリーとかを
全部丸ごと楽しんでいる気がして

僕は勿体無い事をしてるんじゃないか?

なんて思ったりするけど

多分これらは知識の差。

音楽だって
普通に聞いてればいい音楽だったなー
で終わるけど

シンコペーションが。。。
とか
クリシェを。。。
とか
時には転調すら気づかない人がいるほどだから
(めっちゃ上手く転調されたら僕もわからない笑笑)

やっぱり知識の差なんだと思う。

ま!

映画の知識を付けたい!
って別に思わないから
身につけるのはだいぶ後回しになる(必要に駆られないとやらない)だろうけど

いつか勉強してみるのもいいなぁなんて思った。

あなたは映画を観るとき
どんな見方をしてますか??

ぜひ、僕にどこを見ればいいのかを教えて下さい!笑笑

って事で今日はこの辺で
よっぴー

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

「人が自分の得意な事で生きていける世の中を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!