スープの味の違いを楽しむ

From:よっぴー

博多で食べた水炊きが美味しくて
真似してやろうって事で
朝から鶏ガラをグツグツやってるよっぴーです。

鶏ガラが置いてある横にゲンコツが置いてあって
明らかに大きいよなーと思いつつ
それも買ったんだけど

ゲンコツって、牛の骨なのね。。。

水炊きに使えねー汗
牛の骨って、何に使えというんだ。。。


さてさて今日は
『スープの味の違いを楽しむ』
という話をしようと思います。

冒頭にも言ったように
朝から鶏ガラをグツグツやってます。

半年くらい前に水炊きは作った事があって
その時はYouTubeで言ってるように
見よう見まねで作ったんだけど

水炊きって鶏の出汁をとるじゃない?

鶏ガラを洗って圧力かけて煮て
骨を潰して出汁をとるんだけど

骨を潰すのは、骨の中には髄があって
この髄を取り出して出汁に溶け込ませるんだよね。

昔の人は肉ではなく髄を食べていた。
なんていう人もいるから

髄の栄養素ってとても多いんだと思う。

たしかに
髄って血を作ってくれてるところだから
栄養はたっぷりありそう。

犬は骨をかじってるイメージあるけど
あれってもしかしたら
骨の髄を舐めてるのかもしれないなぁ

なんて思った。

本場のこだわり

今回、博多旅行に行って
本場の水炊きを食べてみたけど

やっぱり実際に体験すると違うね。

そもそも
食べ方の作法が違う。

また動画にしようと思うけど
まずは、しっかり鶏の出汁が取れたスープをいただくでしょ?

で、鶏肉を食べる。

ここまでは僕もそう作ってたけど
次が違って

その後は
つくねを入れて食べる。

このつくねがミソで
つくねの中には鶏皮が入ってて

鍋の中でつくねに火を入れる際
スープに鶏油が溶け出すってわけ。

だから
つくねを食べ終わった後のスープって
最初と味が変わってて

スープだけでまた飲んで違いを楽しむっていう事ができる。

スープの味が変わっていくなんて
そんなの言われないと気づかないよ!!

なんでも知れるけど何も知れない

情報化社会で
僕らはなんでも調べる事ができて
その通りに実践する事もできる。

そのせいか
まるで調べて得た知識なのに
実際に本物を体験したように錯覚してしまうけど

実際体験すると
思ってたのと違う
とか
そういうことか!
とか

いろんな発見があって
体験する大切さっていうのを実感する。

僕も最近そうなってるなぁ
なんて思ってるけど

『知った気になってる事』

って
たくさんあると思うから。

実際に見て
時には食べたり、匂いを嗅いだり、触ってみたり
実際に自分でやってみて経験する。

見たり聞いたりするだけじゃなくて

ちゃんとサービスを受ける事の重要性ってあるよなぁって思った。

今回は水炊きを食べる
っていう

ただの食事なのに
新しい発見があったから

ビジネスや、スポーツ、資産運用なんかだと
もっといろんな発見がありそう。

なんでもやってみる

っていうのは
僕の中でも大切にしている事だし
どんどんやった方がいいとは思うけど

本物を知る事も
自分でやる事と同じかそれ以上に重要な事だから

これからも
いろんな体験していこうって思った。

その場所に行かないとダメ
とか
値段が高い
とか
時間が合わない
とか

いろんなハードルがあると思うけど
体験と、実践は積み上げていきたいね!

僕も誰かに誘われないとやらないタイプだから
自分から動くっていう事をしていこうと思います!

って事で今日はこの辺で
よっぴー

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

「人が自分の得意な事で生きていける世の中を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!