学びをやめない

From:よっぴー

昨日まであんなに暖かかったのに!!

今朝は寒すぎて
春って本当ツンデレ汗

イーナが帰ってくるまで
今日も僕がお届けしていきますよ!


さてさて今日は
学びをやめない事
という話しをしようと思います。

コロナの話題の切り替えに
ロシアとウクライナの話題が上がってきて

コロナ終息を目指してるのか。。。

は、分からないけど

コロナの時と同じように
騒ぎ立ててることだけはわかる。

僕の天邪鬼センサーがビンビンに働いていて
恐らくこれは
コロナの時と同じように
主要メディアの言ってることと逆が正解なんだろうと

そんな風に見てるんだけど
どう思う??

みんなが同じ意見になる時は注意

今回のロシアウクライナ問題を見れば見るほど
ワンピースのアラバスタ編を思い出す。

ワンピースそんなに好きじゃない!
って言う場合も

アラバスタ編は
いろいろ考えさせられるし

そうだよね、そうなるよね。

みたいな事を知れるから
ぜひ読んでみて欲しい。

簡単に言うと
ひょんな事からアラバスタっていう国の王女と知り合ったルフィ。

アラバスタでは
国王の横暴な政治に反旗を翻そうと反乱軍が設立され

同じ国民同士なのに
争いを繰り広げようとしていた。

が、しかし

この国王の横暴な政治には裏があり
国王に変身できる能力を持ったバロックワークスという組織の一員が

国を衰退させるために仕組んだ罠だった。

内乱を止めるために
王女とルフィは奮闘するんだけど
結局、内戦は始まってしまう。

と言う話。

国を内乱状態にするのなんて
めっちゃ簡単なんだなーなんて

ここで僕は学んで

『嘘は大々的に、白々しくやれば本当になる』

なんて
今の世の中と照らし合わせて考えてみたりもした。

そもそも欲しいから取る!なんてしない

戦国時代ならまだしも
今の時代

そこ俺の領土だから!

って言ってそれがまかり通るなんてのはマレで

あ、いや
実際にはあるんだけど
少しずつやるもので
大っぴらにはやらない。

子供みたいに
欲しいから泣いて駄々をこねて買ってくれないと泣き止まないなんて
大人はやらないのと一緒。

戦争を起こすなら
それ相応の覚悟と「何か」がないとやらないわけ。

やったら非難される事分かりきってるのにやるって
相当だと思うんだよね。

じゃぁ
それはなんなのか?
って考えていかなきゃいけないと思う。

人に対してイラッとはするかもだけど
手を上げるまでは普通しないじゃん。。。(^◇^;)

知識をつけ深く思考する

コロナの時も同じだったけど
何故、騒いでるのか?
誰が騒がせてるのか?
騒いだ結果大衆が動いたら誰が得をするのか?

これが重要。

マスメディアの対象は現地の人ではなく
メディアを見ている安全な僕ら(意外と忘れがち)

僕らは常に大衆になる可能性を持っていて
知識がない分野ほど大衆になってしまう。

知識って
学生時代なら勝手に付いていったけど
社会人になったら
自分から知ろうとしないと付かない。

っていうか

本を全く読まなくなってしまうと
活字が読めなくなってしまう。。。

Twitterが流行ってるのって
現代人は短い文字しか読めないからなんじゃないかなぁ。。。

ワイルドサイダーなら
思考する事は好きなはず。

考えるには知識が必要で
知識がないのに考えたところで頓珍漢な答えが出てくるだけ。

ちなみに
アイデアだって
知識がないと出てこない。

ロシアとウクライナの問題が
今僕らに何か影響があるか?
って言われたら

あんまりないかも?

なんて思ったりするけど
コロナの前例があるから油断はできない。

ワクチン4回目とか言い始めてるしさ。。。(税金の無駄遣い)

ま!

話はそれたけど
学び続ける
知識はつけ続ける
本は読み続ける

今年に入ってもう3ヶ月が経とうとしてる。

何か新しい事学びましたか?
何か新しい知識はつけましたか?
何か本を読みましたか?

まだ!

って言う場合は
いい機会だから

春がデレの時・・・

天気のいい日に公園に出掛けて
ベンチに座って本でも読んでみよう。

今日みたいなツンの時に外でたら
風邪引くから注意!笑

って事で今日はこの辺で
良い週末を。

よっぴー

p.s.
そう言う僕もあんまり読めてなくてお恥ずかしい(^◇^;)

時間作ろうと思います!

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

「人が自分の得意な事で生きていける世の中を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!