〇〇さんがいないのに行く必要ある?

From : いっちー

冬になってからというもの
外仕事をしているときは
ニット帽を被っていることが多くて、
自分の髪の毛が結構伸びていることに気づかず、
気づいたらもう前回髪を切ってから
3ヶ月も経っていました。

さすがにそろそろ美容室に行こうと思って、
もう10年以上お世話になっている
美容室のアプリを開き、
アプリから予約を入れようとすると…

店長の名前がない!

いつも担当していただいている
美容師(店長)の名前がないじゃないですか。

こんなご時世だから、
最初はコロナにでも感染して、
復帰するまで非表示に
なってるんじゃないかと思ったんですよ。

まさか辞めた…!?

いや、まさかと思って、
その美容師さんのインスタを開いてみると、
フィード投稿に白背景に「ご報告」と書かれた
投稿があるじゃないですか。

それを見たときにすべてを悟りました。

なんと昨年末いっぱいで退職していたそうです。

なんということでしょう。

教えてよ(笑)

僕とそのお店の10数年間

僕がその美容室に通い始めたキッカケは、
その当時、販売員の仕事をしていたときに、
同じお店で働いていた男の子に
最近近くにできたあそこのお店いいらしいですよ
って評判を聞いて、それから通うようになりました。

最初のうちはオーナーに
切ってもらっていたのですが、
オーナーが現場からだんだんと退くようになり、
僕の休みの予定と合わなくなったので、
次にそのときにお店の店長をやっていた
オープニングメンバーでもあった
女性美容師さんに担当してもらうことに。

その美容師さんも数年前に退職し、
それから昨年末まで
店長だった男性美容師さんに
切ってもらっていたんですよね。

ただ、その前の女性美容師さんが移ったお店にも
行って切ってもらったりしていたので、
2人の美容師さんの間を
行ったり来たりしていた感じになります。

誰に切ってもらえばいいのか困ってしまった

それで、さて、困ったというわけです。

男性美容師さんの方は独立開業することになり、
その準備もあってなかなか時間が合わず、
女性美容師さんの方もお家の事情で
しばらくお仕事をお休みしていたので、
切ってもらえる人がいなくなっちゃったんですよ。

それだったら新しいお店を開拓するとか、
今まで行っていたお店で新しく誰かに
切ってもらえばいいだけなんですが、
男ってなかなかそれができないらしいですよね。

女性は美容室って
あっち行ってみようこっち行ってみようって
コロコロ変えますけど、
男はわりとこの美容師さんとか、
このお店って決めたらずっとそこに
通う傾向が強いらしく、
男性は浮気しないから
いいお客さんになるって言われています。

結局、女性美容師さんの方が復職していて、
タイミングよく
お願いできてひと安心だったのですが、
今回の件から感じたことがあります。

そこに行く理由

僕は今までその10年以上通っていたお店が
好きだと思って通っていたんですよ。

いや、もちろん好きです。

好きなんですけど、オープニングスタッフや
初期のメンバーが退職、異動で
ほとんど知っている人がいなくなってしまったら
急に行きづらくなってしまって。

誰々さんがいないのに行く必要あるのか?
と考えたときに、結構ドライに
もう行く必要ないな…
って感じてしまったんですよね。

もし行く理由ができるとしたら、
それはオーナーがまた現場に
立つようなことがあったときくらいでしょうか。

結局、「人」だったんですよね。

それを考えると、メンバーが変わっても
ずっとそのお店、その場所が好きで、
昔からずっと通い続ける人がいる
お店や場所ってすごいなって思います。

メンバーが変わっても、
それでも惹きつけられるものがあるとしたら、
それってなんなんだろうなって思いました。

人に依存しない部分で
受け継がれていくものにはなると思うんですけど、
皆さんはどう思いますか?

この記事を書いた人
市村敬(いっちー)
こんにちは!いっちーこと、市村敬です。「ドラマ」それは僕の人生にとってとても重要なキーワードでなくてはならないものです。人生に劇的なこと…ドラマといえるようなできごとはどのようなときに起きるでしょうか。それは、ある人との出会いによって、またはある本やクリエイティブな作品との出会いによって、旅に出たことによって…など様々なケースが考えられると思います。僕は、自分の興味の幅の数だけ人生にドラマが起きる可能性が高いと思っています。何か興味を持ったことに取り組んだ結果、自分の世界が広がって、新しい人との出会いがあったり、自分のまだ発見されていなかった可能性に出会ったり…だからこそ、ワイルドサイドを歩こうよでは、多趣味で興味津々な僕が、こんなことあるよあんなことあるよと自分の興味があることや知ったことをシェアさせていただくことで、皆さんの人生に新しいドラマの灯をともすキッカケ作りになればよいなと思っています。よろしくお願いします^^

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!