消防団の若い子たちの背中に…

From いっちー

2022年。

なんとなく慌ただしい1月です。

昨日、人生ではじめての経験をしました。

なにかというと、
身近で火事が起きてしまいまして、
その消化作業です。

大変でした。

ワイルドサイドメディアの
チャットワークの通知が積み重なる中、
僕は火と向き合っていました。

これぞ想像もしていなかったこと。

予定調和どころの話じゃないでしょう。

消火器じゃもうダメだ

消防車が来るまで
消火器で対応していたのですが、
もう消火器でどうにかなる
レベルのものではありませんでした。

燃えたものにもよると思いますけど、
煙が痛くて、臭くて、
消火器で消火作業をしているときに、
その煙が口の中に
ドバッと入ってきたものですから
なんだか調子も悪くなってしまいました。

火事の煙は特別な感じがしますね…

煙は吸い込むなとはいうけど、
ほんとに火事の煙はダメですね。

あんなのモロに喰らったら
ほんとにマズイんだ
ということを痛感しました。

しかも、上からガッシャンガッシャン
音を立てながら
割れたガラスが降ってくるんですよ。

それがまた怖かったです。

命のやりとりをした感じがしました。

はじめて現場で消火器を使う

10代の頃から避難訓練でしか
使ったことのなかった消火器。

だいたい若いうちに
地元に残る人間というのは
ほぼ確定ルートで地域の消防団に入って、
地域の防災活動に数年間務めます。

僕も地元に戻ってきた25,26くらいのときに
消防団の人たちがよく利用する
焼き肉屋でバイトしていたこともあって、
消防団に入れなんて
よく勧誘を受けた時期がありました。

ですが、また地元を出ていくつもりでいたので
断っていたこともあって、
火事の現場に立ち会う機会というのが
身近で火事が起きないかぎりは
今までなかったんですよね。

だから消火栓にホースつないで
放水するなんて
経験もしたことありませんでした。

今回は地域の消防団に所属している
地元の男衆が100人近く集まったでしょうか。

僕がやらなかった地域活動を
20代の若い子たちが務めているのを見ると、
僕は若いときに経験しておくべきだった
なにかを置いてきてしまったのかなとも感じました。

消火器なんて使うことがない方が
いいに決まっているのですが、
ついに実際の火事の現場で
使うことになってしまいました。

こういうときって
自分で絶対に慌てる
っていうのが分かっているから、
逆に冷静になれて
慌てることなく対応できたと思います。

火の元には気をつけて

2022年は1月20日が大寒ということで、
これから節分辺りまで
もっとも冷え込む時期になると思いますが
火の用心だけはしっかりとしてくださいね。

この人にも予定調和を崩されました。


2022年1月のテーマは、ビジョンです!

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!