宇宙の流れに乗ってみる?

From いっちー

明日は、サービスリリース前の
島田さんの最後の
ワークショップになるでしょうか。

今月はミーティングをいつやるか
月の前半に決めました。

ちょうど水曜日が全員都合よくて、
リリース日も22日(水)ですから、
イーナさんがスィスィスィ―で
全部水曜日にやればいいんじゃないか
みたいな感じで言っていて、
8日(水)15日(水)を
ミーティング・ワークショップの時間として、
22日(水)のリリース日を迎えます。

宇宙的ビッグイベント

ジョークみたいな、
でもスィスィスィ―と
皆さんに買っていただけるかもよ
っていう縁起担ぎみたいなところもあります。

2021年12月22日(水)冬至というのは、
読者の方からも
コメントをいただいていましたが、
宇宙的にもわりと
ビッグイベントの日みたいです。

なんでも26000年ぶりに
やってくるほどの貴重な日だとか。

ワルサイメディアにとって
記念日である12月22日を選んだというだけで、
そこまで深い意味を僕たち執筆陣も
考えていたわけではありませんが、
結果的にそういう日に当たったということは、
なにか目に見えない
大きな流れがあるのかもしれません。

リリース日はそもそも決まっていた?!

スピリチュアル界隈でも
よくテーマになることのひとつで、
僕も過去にとてもよく
考えていたことがあるのですが、
「物事は最初から
すべて決まっているのかどうか」

ということ。

僕たちがサービスをリリースすることも、
この12月22日という
宇宙的記念日にリリースすることも
本当は最初から
宇宙の采配で決まっていたのだろうか。

もっと言えば、
僕らがワルサイメディアで
執筆陣になることも、SWSに入ること、
島田さんに会うことも
最初からすべて決まっていたのかも?
ということです。

もし最初からすべて決まっているなら
自分の意思とか関係なくない?
という意見もあったりで
このテーマは人によって
結論が出たり出なかったりですが…

僕の結論としては
自分はこれがやりたい、
この方向に進みたいとか、
自分の意思を持ってやりたいように
やればいいという結論にたどり着きました。

流れに乗っちゃう?

そう思うことも
決まっているのだとしたら、
結局なるようにしかならないし、
良い意味で、なるようにはなるだろうと。

そして、決まっているのかどうかすらも
まったく気にならなくなりました(笑)

でもね、なにかこういう日に
当たったということは、
やはり意味があるのかもしれません。

スピリチュアル的に言うなれば、
まさに宇宙の流れが
きているのかもしれません。

皆さんも僕らのサービスとともに
宇宙の流れに乗っちゃいますか?

P.S.

今月のテーマは、アートです!

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!