貢献度が全て

From:よっぴー

今日から予約開始のクリスマスケーキの予約をしようと
10時手前からスタンバっていて

10時ジャストにサイトの予約フォーム見たんだけど
サイトがなかなか繋がらず

11時手前でやっと購入フォームに繋がり
それでも
26日の予約しかできなかったよっぴーです。。。

めっちゃ疲れた。。。

1時間奮闘しても欲しいっていうお客さんがいるって
めっちゃよくできてるビジネスだよなー・・・

さてさて今日は
貢献度が全て
という話をしようと思います。

僕らは差別しちゃいけない
っていうように学校で教えられてきて

最近では
ジェンダーがどうとか
肌色っていう言葉を使っちゃいけないとか
工具の名前をオスメスとかで呼んじゃいけないとか

ほんとアホな事ばっかり
言われている気がするけど

その根本には差別するな!

っていうのがあるんだと思う。

けど
僕らって
生きていく上で
人を分けるっていう事は
ものすごーくよくしてるよねー??

区別と差別

学生時代
先生のお気に入りの生徒っていう子が
どこのクラスにもいたと思う。

会社で
上司のお気に入りの子っていうのもいると思うし

それを差別だ!
全員平等に接するべきだ!!

なんて言う人もいるけど

そんな事言い出したら
誰かを好きになる事そのもの
を否定しなきゃいけなくなるし

夫婦や親子なんて
大きな差別対象だよね。。。

きっと
区別と差別の違いがわからない人たちが
この世には大勢いるんだと思う。

貢献しているか?

学校の先生から気に入られる
とか
上司に気に入られる
って

他の人と何が違うのか?
っていうと

もちろん
容姿もあるとは思うけど
それも含めて

貢献度

だと思う。

この人と一緒にいて楽しい
っていうのは

その人は知らない間に
あなたを楽しくしようと貢献してくれている。

容姿がいい人は
この人と一緒にいれば目の保養になる
とか

いるだけでも周りに貢献できたりするから
ものすごくアドバンテージがあるけど

そうじゃないとしたら
学校や職場では
成績が優秀っていうのは
先生や上司にとって
先生や会社のいう事をよく聞く子っていう事で貢献してる。

他にも
クラスのみんなのまとまりがない時に引っ張っていってくれる
とか
イベントでは大活躍して盛り上げてくれる
とか

そんな大きくなくても
うまく馴染めない時に手を差し伸べてくれる
とかも

手を差し伸べられた側からしたら
自分に対して貢献してくれた
っていう事になるから

その人のポイントが溜まっていく。

この知らない間に僕らがつけたりつけられたりしているポイントの
点数が高い人から
優先的に区別しているだけ
なんだよね。

あの人だけズルい!

だから
あの先生はあの子にだけ優しい
っていうのは

もしかしたらあの子は
その先生にあなたの目に見えないところで貢献しているかもしれない
っていう事。

僕らの日常生活や
もちろんビジネスでも

どれだけ相手に貢献しているか?
によって

相手の評価が変わるのは当たり前。

アイツばっかりズルイ!

なんていうのは
何もしていない人のいうセリフで

アイツばっかりズルイ!
って言われている側からすると

いや、それだけ時間を使ってるからね?

って思ってると思う。

まぁ
僕も学生時代は先生から気に入られまくってたから
先生のお願いとか、先生がして欲しそうな事を予想してやってきたもんね。

そりゃー
気に入られるの当たり前でしょ。

誰かに気に入られる気にいられない
っていうのは

全て自分のせい。

上司が自分にキツイ
とか
お客さんがクレームばっかり言う
とか
家族が自分のことわかってくれない
とか

ぜーんぶ
自分が相手に貢献してないから起こってる。

まずは自分から

当たり前のことなんだけど
すーぐ忘れちゃうから

マイナスの言葉が浮かんできたら
ふっと思い返して欲しいなぁって思います!

いやぁ。。。

そのお店のクリスマスケーキを食べたい!
っていうだけなのに

そのパティシエさんが
ケーキにかけてきた時間って
お客さんがおいしいって言ってくれるためにやってきた時間と同じだから

お客さんが殺到して
サーバーが混み合い1時間予約画面に行けなくても
諦めずにリロードし続けるお店になるんだよねぇ。。。

先に貢献する

大切だなぁって思います!

って事で今日はこの辺で
よっぴー

P.S.
15分後には売り切れのページになってて
マジで危なかったぜー!!!

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

「人が自分の得意な事で生きていける世の中を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!