いっちーとオファーを考えましょう

From :いっちー

僕たちの商品・サービス作りも
12月後半のリリースに向けて、
オファーを作成するという段階に入ってきました。

SWS時代から、
見込み客にオファーするのに
オファーというものを
考える時間があったと思うのですが、
僕はこのオファー作りも
苦手なイメージを持っていました。

常日頃生きてきて、
なにかしら商品・サービスを買っているわけで、
なにかのオファーを受けているわけですから、
自分の気持ちが動いたオファーを分解、観察してみるとか、
オファー事例としてストックしておけば
そこまで苦手に感じることではなかったのかもしれませんが…

良いオファーの条件

まったくのゼロから
自分で生み出そうとしてはいけませんね。

世の中には参考にすべき
事例だらけなわけですから。

良いオファーの条件は、
「周りから止められるオファー」
とされています。

自分がオファーを受ける立場になったときに、
まじか!それは今すぐ乗っからなくては!と
身体が前のめりになり、
財布から今すぐカードを
取り出してしまいたくなるようなオファーというのは
金額にもよりますけど、
ありそうでなかなかないかもしれません。

たとえば、価格面で訴求するオファー、
価格オファーとして考えてみましょう。

高額な商品・サービスは買うことを
すぐ思いきれるかというと、
どんなに魅力的な商品・サービスでも
なかなかむずかしいかもしれません。

損しないだろうか。

買ったことを後悔しないだろうか。

という意識も働きますしね。

価格オファーを良いオファーにするには?

ですが、これは相当高額なんだろうなと思うような
商品・サービスを期間限定で、
めちゃくちゃ安くリリースされていたらどうでしょうか。

本来、10万円で販売する予定が、
今だけ5000円とか。

周りから止められるオファー
という観点から考えたら、
10万円が5000円でも
まだ弱いかもしれません。

550円くらいでもいいかもしれないですね。

実際にその商品・サービスが
10万円の価値もなく、
550円程度の価値しかなかったら、
なんだ最初からこの値段で
売るつもりだっただけでしょうと
疑われてしまうかもしれません。

ですが、本当に10万円分の
価値のあるものだったら、
そのときの満足度というのは
相当高いものになるでしょう。

最近満足した価格オファー体験

僕も最近、770円でリリースされていた
コンテンツがあって買ったのですが、
内容が良かったので
満足度が高かったという体験をしました。

あれって不思議なもので、
価格オファーで安くなっていて、
買って、その中身がよかったときって、
自分は持ってるんじゃないかとか、
目利きがよいのではないかとか、
そういう気持ちにもなるんですよね(笑)

あとは、その商品の販売者に対して、
こんな安くてよいもの出してくれているのだから、
この人が出すものはだいたいよいものに違いないとか、
高額のものはもっといいものに違いない
っていうイメージを抱いたりとか。

扱い方はむずかしいのかもしれませんが、
価格オファーは、良い方に働けば
信頼を積み上げることになるのかなと思いました。

ワイルドサイダーな皆さんは、
最近、心動いたオファーはありますか?

もしよかったら教えてくださいね。

P.S.

Facebookページ、更新しました!

Adobe Fontsに追加された
鬼滅の刃フォントを使ってみたかったのでした(笑)

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!