商品・サービス作りの考え方

From : いっちー

どうしてあの人は、あんなに商品が作れるのだろう?

ワルサイメディアをご覧になっている方は、
普段からオンラインコンテンツに触れる機会が
多いのではないでしょうか?

オンラインコンテンツを出している人は
たくさんいますけど、
この人は次から次へとどうしてこんなに
商品・サービスが出せるのだろうって
感心する方を見受ける機会があります。

商品・サービスの作り方に関して、
ひとつの商品・サービスを出し
それに対してのお客さんのフィードバッグを得て、
次の商品・サービスを作っていくというのが
僕個人としての商品・サービス作りのイメージでした。

しかし、先日、島田さんのワークショップに参加して、
そういうのだけじゃないのだなと気付くことがありました。

その辺りのお話を今回はさせていただきますね。

ステージごとに考える

お客さんの得たい結果や理想の未来から考えて、
そこまでの道順をステージ分けして
そのステージごとに商品・サービスを展開する。

そういうやり方もあるということが
僕としては大きな学びになりました。

このやり方だと、
確かに多くの商品・サービス群を、
お客さんをどこからどこに導きたいのかという
一本の線の上に
用意していくことができるなと思いました。

ロールプレイングゲームとかも
新しい大陸に移動すると
急にフィールドのモンスターが
強くなったりすることってありますよね?

そのときに、レベルがある程度上がっていれば
そこそこモンスターとやり合えますけど、
近くの街で売っている攻撃力の高い
最新の武器を買って装備を変えることによって、
より簡単にモンスターを倒せたりできます。

ステージが変わる、上がっていく、
そこで強い敵に遭う、
そのための攻略法(新しい装備)
を考え対策すると、
ステージごとに商品・サービスを展開することは
RPG的に考えることもできますね。

意外にステージまで考えてるのは少ない!?

その視点を持てるようになって、
また世の中にある
商品・サービスの見方が深くなりました。

この商品・サービスはお客さんを
どこからどこに連れていこうとしているのだろう?
という風に見ると、
意外にそういう風に考えて
商品・サービス設計しているものって
少ないのかなという印象も受けました。

もっとも僕がまだ多くの事例を
見ていないというだけかもしれませんが…

まずMVVが土台にないと
お客さんをどこにどう導いていきたいのか
っていう導線も引けないと思いますし、
やっぱりMVVが根底にあるのとないのでは
違うんだなと思いました。

それにMVVを作れたとしても、
それを戦略・戦術に反映することができない
個人・組織というのも多いのかもしれません。

その辺り、島田さんから
学べる僕ら執筆陣は
なんてラッキーなのでしょう。

カメラはステージに分かれている

ステージごとに商品を…と考えたときに
僕の中で真っ先に思いついた業界がカメラ業界です。

カメラって、これからカメラを始めますという人、
初心者向けのエントリー機から、
プロやハイアマチュア向けのハイエンド機まで、
それこそステージ別に分かれているんですよ。

特に写真技術の向上やハイアマチュア、
プロを目指す人でなければ
エントリー機のステージをうろうろすると思いますが、
自分の腕が上がれば、カメラにも詳しくなって
もっとここをこうできたらいいのに、
そのためには、こっちのカメラならできそうだぞ
(ちょっと金額高いけど)
ってより高いカメラの方に向かっていく人が多いですから…。

以前に「沼」の話をしたことがありましたが、
より高いステージを駆け上がっていこうとすることは、
写真・カメラという業界においては、
カメラ沼、レンズ沼と「沼」という表現に
言い換えることもできるかもしれませんね(笑)

でも、沼ですから、上に上がっていくというよりは、
下にずぶずぶ沈み込んでいくという感じでしょうか。

深淵なる沼の世界

そういう感じで、
世の中の商品・サービスを眺めて見て、
この商品・サービスはお客さんを
どこに導こうとしているのか?
ステージごとに分かれているのかな?
分かれていないなら、
自分だったらどうステージ分けするか?

なんて考えてみると、
モノの見方がまた変わるかもしれません。

P.S.

https://www.facebook.com/twalkonthewildside2015

Facebookページ、更新しました!

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!