ペルソナ

From:よっぴー

1ヶ月ちょっと関西の実家にいて
やっと東京に戻ってきたよっぴーです。

半月前くらいに泊まった京都の旅館で
お香を買ってきたから

さっそく焚いてみたら
ものすごくいい香り。。。

お香の匂いって癒されるよねー

さてさて今日は
この前いっちーがペルソナについて書いていて
僕の意見も書いておくと
明日の話し合いもスムーズにいくんじゃないかって思って

今日は僕のペルソナ感について
話していくぞ!

よくあるペルソナ

ビジネスしていくにあたって
よくあるペルソナ設定としては

過去の自分
としている人が多い気がする。

昔はどうしようもなかった自分が
何かをキッカケに変わって
今の自分になった。

昔の自分を助けるために
昔の自分に向かってビジネスをしていく

というのはよくあるよね。

いっちーもこの前のブログでは
SWSメンバー
特に、SWSメンバーでもSWSに入る前のSWSに入ろうとしている
その頃のSWSメンバー
っていう事を言っていたし

それは
いっちー自身が
環境や人生を変えたくて
会社からの収入以外の収入源が欲しいと願いながらも
そのための具体的な行動を継続できなかった過去があったから

SWSっていう自分以外の誰かがいて
強制力を持った環境に身を置けたのは大きかった

その環境がよかったとも言っていたから

過去の自分に向けたビジネス
っていうのは

自分が体験してきた事だから
ビジネスにしやすいっていうのもあるよね。

島田さんが言っていた意外な一言

これまで何回か島田さんを含めて
ミーティングを重ねてきているけど

ペルソナの話になった時に
今どうか?

も、大切だけど

今後、どう見られたいか?
っていう部分も踏まえて考えていきましょう
と、島田さんが言っていたのが印象的で

MVVは、意識しているしていないにかかわらず
体現しているものだから

MVVに関しては
今の自分や、今までの自分を深掘りすれば
自ずと出来上がっていくもの。

なんだけど
ペルソナ設定やビジネスに関していうと

これから付き合っていきたい人たちや
これから関わっていきたい人たちを決めるんだから

自分たちがどう見られたいか?
は、大切な部分になってくる。

そういえば
島田さんがワルサイブログを離れて
今のスタイルになる際に

ワイルドサイドを歩こうよ

っていうタイトルという事は
ワイルドサイドを歩いていない人に対してメッセージを出す事になるから
今の島田さんとは合ってないんじゃないですか?
なんていう話をした

っていうのを聞いた事があるようなないような。。。

僕の場合は?

僕が思っているペルソナも
実は、いっちーとほぼ同じ。

やっぱり昔の自分が
このワルサイブログに出会ってだいぶ変わったし
島田さんと直接話をしてからもだいぶかわった。

昔から
やりたい事やってきたし
興味ある事は我慢しない
知りたい事はとことん

っていうのは変わらないけど
対自分
じゃなくて
対他人の部分。

人との接し方というか
相手の事を汲み取る力というか
相手に寄り添う力
というのは

島田さんと出会ってから
だいぶ変わったよなぁ
って思うんだよね。

嫁からも昔は尖ってたよね
なんて言われたりして笑

過去の自分も
場に合わせた立ち振る舞いは得意だったけど

相手の言いたい事を汲み取る力だったり
相手の生きてきた背景まで考慮する
なんてことは

過去の自分に早めに習得しておいて欲しいというか笑

自己成長
っていうと安っぽく聞こえるけど

やっぱり成長欲っていうのが
僕の奥の方にあるから

そういう成長したい人たち
が集まると
なんか、全てが学びになって良さそうだなぁ

なんて思ったりして。

だけど。。。

ただ

イーナは違うって言いそうな気がするんだよね。

イーナは
今自分が思った事を相手が見てくれるならそれでいいし
見たくないならそれでいいっていうスタンスをいつも持っているから

イーナの意見を聞いて
僕ら3人の向かっていく先を決められたらなぁ
なんて思う。

開催は明日の14時。

ワルサイが手がけるビジネスが形になっていく間に
どんな会話があって
どんな紆余曲折があるのか

波乱が起こる気しかしない笑

まぁ、そんな時も楽しんでいけたらと思います!

参加はこちらから

一緒に苦痛を味わってください笑

って事で今日はこの辺で
よっぴー

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

「人が自分の得意な事で生きていける世の中を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!