任天堂に見る、キャラの重要性

任天堂に見る、キャラの重要性

昨日の朝、短時間ですが、土砂降りがありました。

久しぶりの雨だったのですが、連日35度を超える暑さの日々の中、一気に気温を下げてくれる、恵の雨。といった感じの雨。

みるみる気温が下がる(といっても、下がったのは数度だと思いますが)のを、肌で感じながら、雨に感謝しつつ、朝の一時を過ごした次第です。

この夏、一番の雨だったと思います(雨が嫌いな人も、きっと昨日は、雨に感謝したのではないかと思います)

さて、今日はキャラクターに関するお話を。

先日、島田さんのイベントで、ジョジョの作者、荒木先生の話がありました。

*ジョジョの6部(スターオーシャン)のアニメが決定しましたね。

荒木先生は、漫画で重要なモノの1つに、キャラだと言ってます。

そういえば、漫画の特定のキャラが、大人気になったりするのは、よく見聞きすることですよね。

きっと、人それぞれ、各漫画の中で、好きなキャラっていると思います。

ゲームでも、漫画でも、好きなキャラっていると思います。

例えば、僕はスラムダンクでの好きなキャラは、ミッチー(三井寿)が好きですし、ドラゴンボールでは、ウイスが好きですし、敵キャラですが、フリーザも好きです。

きっとあなたにも、何かで好きな何かがあると思います。

で、このキャラ。僕もすごく重要だと思ってるのですが、興味深いストーリーも存在します。

それは、任天堂とセガの話だったり、ゲーム業界を巻き込む興味深い話へとつながってます。

世界的に見て、ゲーム世界の分岐点は、1983年だと、言われてます。

アメリカでのゲーム産業崩壊(結局、ゲーム業界はブームとメディアは結論)があり、日本では、ファミコンが登場したのが、1983年。

マリオと言う世界的キャラが誕生し、業界をリードします。

任天堂がゲーム業界で躍進したのはマリオというキャラの功績が、かなり大きいと思います。

実際、ファミコンが爆発的ヒットしたとは言え、任天堂で爆売れしたのは、マリオだけでした。(日本だけではなく、世界でも)

ソフトも、スーパーマリオ が1位で、2位がスパーマリオ3。ドラクエ3、ドラクエ4と続きますが、結局はマリオ以外は売れなかった事実も存在します。

とは言え、マリオは強烈にユーザーの心を引きつけ、マリオを遊ぶ為に、ファミコンを購入する人がほとんどだったわけです。

誤解を恐れずに言えば、面白いゲームをするなら、むしろファミコンなんか買わないわけです。

PCエンジンの方が、ファミコンよりも、格段に面白いゲームがありましたしPCゲーム兼・家庭用ゲームのMSXもそうです。

でもマリオというキャラは、それ以上の存在だったわけです。

マリオ自体は、ファミコンが登場する以前に、アーケードゲームだったドンキーコングで初登場しています。

この時は、特段マリオは人気だったわけではありません。(ドンキーコングのゲームは人気でしたよ)

ファミコンが登場したので、マリオを主役のゲームを作ることにしたのです。

これは、キャラ戦略であり、マーケティング戦略でしょう。

ファミコン発売の1983年にマリオブラザーズが登場し、そしてあの名作・スーパーマリオが登場。

マリオと言うキャラに、ゲームシステムも最高でした。子供はもちろん、大人も夢中でハマったので、大ヒットに至ります(ここ、ヒットの重要なポイントだと思います)

そして任天堂は、家庭用ゲームの覇権を握ります。

シェア的には、1強(任天堂)時代です。

面白さでは、ファミコン(任天堂)を上回るPCエンジンやMSXが、牙城に食い込めなかったのは、特筆するキャラ(印象に残るキャラのゲーム)が、なかったのも、大きな要因でした。

そしてそんな中、任天堂を倒すべく、ついに本命が登場します。

セガです。

セガはファミコンと同時期に、家庭用に参入していましたが、イマイチでした。
(アーケードでは大人気でしたが、家庭用ライセンスは、海外に売っていたのもあり、国内でゲーム化するのに苦労)

面白いゲームを作る技術は、任天堂よりもあったと思います。

そして満を辞して登場させたのが、メガドライブ。
個人的には、メガドライブの大ファンです。

僕はファミコンよりも、PCゲーム、MSXで多くのゲームを攻略していた経緯もあり、難易度が高いアーケードの移植がプレイできる、ゲーム機の登場は、すごくありがたかったのです。

そしてついに、マリオ打倒の刺客、セガの代名詞、ソニックが誕生。

ソニックは目論見通り、大ヒット。世界的に、マリオvsソニックの構図がなりたちます。

日本では任天堂の牙城は崩せませんでしたけど…

僕もソニックの大ファンで、セガの大ファンになったのは、このキャラの影響もあると思います。

キャラって、とても重要なのです。

ソニックは、欧米を中心に、いまだにコアなファンが多いですよね。

僕はセガが、メガドライブ以降、大きな躍進が出来なかったのは、ソニックを上手に使わなかったからだと思ってます。

任天堂は上手くマリオを使ってました。(マリオカートなどが代表例)

マリオを中心に、販売戦略を組み立ててます(ビジネス的には、横展開)

そんな経緯もあり、セガは家庭用からは、衰退していってしまいます。

とは言え、全盛期のIPはありますから、それを上手く活用して、面白いコンテンツを世に出していって欲しいと思ってます。

キャラはずっと、人々の心に残りますし、ファンはそのキャラの新作を楽しみにしてるモノです。

漫画、アニメ、ゲームなど、キャラをより深く考察してみるのも、ビジネスの参考になることも多いと思います。

好きの要素、ファンになる要素なども、そこから見えてくると思います。

あなたには、好きなキャラ、好きな何かはありますか?

機会があれば、教えてくださいね。

それでは今日はこの辺で。良い1週間を。

T.INAMURA

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.INAMURA

T.INAMURA

「虚無零空」究極の自然体

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!