未来予測。炎の次は光?

先日、ヨーロッパの最大ゲームショーが開催されました。

日本や中国、欧州、北米など、各地域でも大きなショーは存在しますよね。

発表前後は、主要会社の株価なども急変したりするくらい、各方面に大きな影響を与えます。

昭和の時代だと、ゲームは子供の遊びでしたが、それも今や昔。
子供から大人を巻き込んだ、巨大ビジネス市場となってます。

あのGAFAMが、こぞって参入したがる事実が、現在の規模を物語ってます。

先日行われたショーでも、数多くのタイトルが発表されました。

以前も記事や動画でシェアしたことがありますが、今は炎が1つのキーワードであり、トレンドという話をしました。

ここ数年のメディアを見ていても、一目瞭然だと思います。

炎上系の何かが、すごくクローズアップされますし、人気です。

当然、ゴシックネタはいつの時代も、人の関心をあつめますが、昨今は半ば強引に炎上系の話題で、人々の関心を拐っているメディアも多いのは、仕方がないのかもしれません。

炎がトレンドといえば、あのヒカキン&セイキンの新曲も、タイトルがFIRE。

炎がテーマです。

しばらくは、この流れが続くでしょう。

でもいつかは限りが見えるのが、トレンドだったり世の中のニーズ。

エンタメ関連を見てみると、炎の次の傾向も垣間見れたりしてきます。

未来予測ではありませんが、個人的には炎の次は、光系がキーワードになるのではないか?と思ってます。

エンタメ業界を見ていても、その傾向はチラホラみえたりします。

2・3年後くらいから、チラホラと光系のモノが、世間の話題を集めだすかもしれません。

もちろん、業界とか関係なくの話です。

ビジネスに限らず、人の性質を含みます。

光に連想されるような、〇〇のような人が、人気を集めたりとかです。

色々な分野で、先行者特典を得たいと思うならば、今から光系の何かを準備するのも、面白いかもしれませんね。

と、ここまではトレンド系の話をしましたが、何もトレンドに飛びつけ!と、言ってるわけではありません。

トレンドに左右されない、不変の原理原則を軸にしつつ、トレンドなども抑えていく。

アベレージとウェーブ両方で展開していく。

原理原則はいつの時代も変わりませんから、ここは外さないようにいく。

不変の原理原則、本質があってこその、その他。

見失わないように行きたいと思います。

それでは今日はこの辺で。

良い週末を。

T.INAMURA

PS
今日のイーナさん
先月に、新しく開設したチャンネルが、投稿上限に引っ掛かり、24時間
投稿できなくなる・・・(既存のチャンネルでは発生しないので、何かの条件の元にあるルールだと思われる・・・)

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.INAMURA

T.INAMURA

「虚無零空」究極の自然体

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!