全員で揃える

From:よっぴー

実家にいると父親の腰の治療を2日に1回していて
それを見ていた妹が
肩周りの違和感を話してきたから
少し見てあげたら
最終的には歩き方講座になっていたよっぴーです。

なんで肩の話から歩き方になったのか。。。
全体を見たら歩き方を気をつけないとってなったんだよねー(^◇^;)

さてさて今日は
全員で揃える
という話をしようと思います。

農業って大変

最近ホント
農業って
ビジネスしにくいなぁって思っていて

1年間やってきた成果が
1年に1回しかないし

手間暇かけて
手塩にかけて育ててきたモノが
台風や大雨なんかで
台無しになる事だってある。

今年は梨も葡萄も育ちが悪く
実が大きくならなかったり
数が取れなかったり

お米もジャンボタニシによって食い荒らされて
収穫量激減!

って事にもなってるみたい。

加工するビジネスでも
原料の不作の影響は受けるだろうけど
複数仕入れ先の確保とかで乗り切れる気がするけど

農業って
難しいよね。

一応農家用の保険ってあるんだけど
補填されるのは微々たるもの。

うちの梨も今年はとても小粒で
大きな梨がウチのウリなのに
例年のウチの梨じゃないみたい。

それでも毎年買いに来てくれて
今年3回目買いに来ましたよ〜
なんて言ってくれるお客さんは
ありがたいよねー

個人でするならこだわりを持って

ウチの場合は
父親が株が得意でそっちでソコソコ稼いでるみたいだから
今の形でも問題ないけど

農家一本ってなったら
相当苦しいと思う。

2ちゃんねるのひろゆきさんが
日本人の人件費がどんどん安くなっていってるから
今後アフリカ化する

なんて言ってたけど

大量生産大量消費路線で
僕ら個人が敵うわけがなく

個人で生き残っていくためには
こだわりを持ち
そのこだわりを分かってくれる人に販売する
という手法に出るしかない。

農作物でいうと
僕の場合は
お茶は完全無農薬のお茶
コーヒー豆はカビ毒検査されたものしか買わないし
牛乳は低温殺菌で殺菌されたものを選ぶ。

全部にこだわってるわけじゃないけど
ある一部はこだわりを持っている
っていう人が世の中には沢山いるから

その人達向けに作る
って言うのがいいのかな。

どんなときもMVV

昨日ワルサイティータイムで
僕らのミッションやビジョン
そして、ペルソナの設定をしたんだけど

やっぱり
どんなビジネスであれ
ミッションやペルソナ設定はとっても大切。

今うまく行ってるビジネスは
本人達は気付いてないかもしれないけど
ミッションやペルソナがちゃんとできてる。

お客さんが付いてるって言うのは
そう言う事だもんね。

ウチの果樹園も
おじいちゃん?ひいじいちゃん?の時から受け継がれてきてるミッション
そして
ペルソナが言葉にはなってないけど
僕ら家族に共通してちゃんとあるんだよね。

だから
サボるところはサボるし
妥協しないところは妥協しない。

ウチの果樹園で値切る客なんていないけど
もし、そんな客が来たら
できません。
ってハッキリみんな言うだろうし
いつもあげてるオマケもしないだろうなぁ。。。笑笑

そんな客いらないってみんな思ってる笑笑

この線引きの具合を揃える事がとっても重要で
それぞれ従業員の中でここが違ってくると
サービスが一貫しないし、常連客が離れていく原因にもなってくる。

けど

ここを揃えるのってめっちゃ難しいんだよねー。

うちは、少人数でやっているっていうのもあるし
家族みんな仲がいいから言いたい事をその都度全部言ってるっていうのが
功を奏しているようで
ちゃんとここは揃ってる。

そのビジネスに関わる人みんなが共通して持っている
って事が重要だから

いつまでも意思疎通を滞らせずにやっていけたら。

もし、それができないのであれば
ミッションやビジョン、ペルソナ等を言語化して
バイトも含め共通認識を作る。

って言う事をやってみると
少しずつ雰囲気が変わって
お客さんも思った客層が来るようになると思うよ!

ぜひ、やってみてね!

って事で今日はこの辺で
よっぴー

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

「人が自分の得意な事で生きていける世の中を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!