あれから30年・・・

●あれから30年・・・

先日、聖剣伝説が30周年を迎えました。

聖剣伝説って、今はシリーズ化されてますが、実はこれは予期せぬ結果だったのではないか?とも思えます。

というのも、この聖剣伝説、当初はFFの外伝としての登場だったからです。

いわば、FFシリーズです。

聖剣伝説はゲームボーイで登場したタイトルです。

ちなみに、僕の中ではこの聖剣伝説は、ゲームボーイのタイトルの中では、トップ3に入るお気に入りでもあります。

*後2つは、サガ1とサガ2

当時中学生で、部活などでヘトヘトだった僕ですが、聖剣伝説とSaGaは、すごくやり込みました。

聖剣伝説は10回くらい周回したと思います。面白かったのですが、どっちかというと、SaGa2の方が面白く、そっちをメインにやってた記憶があります。

ちなみに、FFは同時期に、FF4を送り出してます。こっちはスーファミですね。

で、聖剣伝説は、FF外伝としての登場は、このゲームボーイ版が最初で最後。

以降はれっきとしたシリーズとして、FFから独立していくわけです。

そんな感じなので、実質的な初代は、スーファミで登場した、聖剣伝説2とも言えるかもかもしれませんね。

聖剣伝説のシリーズ作品は、FFなどにくらべて、数はすごく少ないですが、30年たっても愛されてる作品です。

ちなみに、30周年を記念して、新作も発表されましたね。

2022年に、スマホゲームの新作(基本無料)が登場します。

そうそう、ゲームボーイの聖剣伝説。

FFの外伝という位置付けで登場したのですが、実は聖剣伝説は(ここでは名前として使います)本当はFFよりも前に、登場する予定だったことは、あまり知られてません。

まだヒット作がなく、本当に瀕死状態だった時期の話です。

当初はファミコンの、ディスクシステムで登場予定だった作品で、途中まで開発がされていた作品なのです。

ゲームボーイでFF外伝として登場する、5年以上も前の話です。(そもそも、FFすら登場していません)

ファミコンのディスクシステムなんて、レアでありかなりマニアックなハードですからね(でもゼルダはディスクシステムで登場。それだけでも価値があったとも言えますが・・・)

なんだかんだで、聖剣伝説は、ファミコンのディスクシステムでの登場はされなかったわけです。(商標は取ってた)

おもしろいのは、ここから。

世に出なかった聖剣ですが、FFの世界観に使われる事になります。

全部が全部とは言えませんが、社運を掛けて制作されたFFに、この聖剣伝説の一部が使われたのは事実です。

そしてFFの登場から数年後、FF外伝として、聖剣伝説の名前は、世に登場。

余談ですが、聖剣伝説の音楽は、当時は新人だったイトケン(伊藤 賢治)が担当しています。

もし、聖剣伝説が、ファミコンで登場していた場合、イトケンは関わってはいません。(運命とは、本当に面白いですね)

たらればは禁物ですが、もし、聖剣伝説が、ファミコンのディスクシステムで登場していたら・・・

FFは登場していなかったかもしれませんし、初代FFに関わってたSaGaの産みの親、河津神も、もしかしたら、SaGaを登場させてないかもしれません。

なによりも、FF自体が登場していなかったか、しててもここまでの存在になることはなかったかもしれません。

まあ、そんなことを考えても、仕方がないですし、愚問でしょう。

ただ、運命って面白いなと、改めて感じる事ができるストーリーだと思います。

なによりも、黎明期で、瀕死状態だったスクウェ○を救ったのは、実はこの聖剣伝説なのかしれませんね。

紆余曲折ありながらも、世に産まれた聖剣伝説。

これからの活躍にも、期待したいと思います。

それでは今日はこの辺で。良い週末を。

PS
今日のイーナさん
ゲームボーイが、実は白黒画面ってことを、知らない人が多いことに、
ジェネレーションギャップを感じる・・・

ワイルドサイドはENERGEIAでも活動中です。
ENERGEIA:WILD SIDE CLUB
WILD SIDE CLUB

画像の権利表記
© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.INAMURA

T.INAMURA

「虚無零空」究極の自然体

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!