価値観の外側への興味

From:よっぴー

筋肉痛も治り
身体が軽いって素晴らしいー!!
と実感してるよっぴーです。

最近はまた本を読むのにハマってしまって
世の中にはいろんな治療法や検査機器があって
欲しいものリストがどんどん更新されていく〜

僕は昔から病気なんて無縁で
入院も一回もした事がないくらい丈夫なんだけど

何故か、治療っていうワードに惹かれるんだよね。。。

治療家になりたい!
っていう人って
どうも、昔自分がこんな病気になって
同じ病気の人を治したい!
っていうスタートの人が多い気がするけど 

僕としては
そこにある障害がなくなるって
すっごい神秘的な感じを受けていて
魔法使いみたいなイメージだったり

今の状況を調査し
分析し、思考を巡らせ

犯人の使ったトリックを見破る
そんな感覚だったりする。

自分の思った通りに症状が収まっていくのは
すごく気持ちいいんだよねー。

再現性は必要か?

世の中にはゲテモノ治療と呼ばれるような
普通の常識から考えて
それはないでしょ
っていう治療だってたくさんある。

死にそうな時に
血の代わりに海水を血管に入れると回復する
みたいな

いやいやいや
危険だろwww

っていうのもたくさんあるけど
そういう治療が言われているということは

実際それで治った人がいるから
なんだと思う。

奇跡の泉のように
その泉を見るとガンが治った
とかも

実際治った人がいるから
そういった事を言われているんだと思うんだよね。

まぁ、今の世の中じゃ
科学的かどうか?の方が重要だから

再現性を求められてしまって
その人だけが治った治療法なんて意味がなく

ゲテモノ治療として扱われてしまうわけなんだけど
治った事実まで否定されてるような感じだから

勿体無いなぁって思う事も多い

その人には効果的だけど
あなたには効果がない

っていう事を受け入れられないのかな。

人はみんな違うという感覚

僕はそんなゲテモノ治療が大好物で
そんなんで治ったのww
ウケるwwww

っていう治療が大好き
万人受けしなくても
もしかしたら僕が出会う中で
その治療が合う人と出会うかもしれないもんね。

最近ではKindle unlimitedっていうのに登録して
お金払ってまでは絶対読まないけど
これ絶対ゲテモノ治療でしょ

っていうのを読み漁ってる

そういうゲテモノ系は
unlimitedで読める事が多いんだよね!

お金払ってまでは読まない本なんて
読む意味ないでしょ!
って思うかも知れないけど

中身を見ないとわからないから
読んでみないと面白い本なのかそうじゃないのかなんてわからない

周りからの評価なんて気にせず
自分はどう思うのか?で判断する。

っていうのは

人間関係でも同じ。

また

本の主張をそのまま鵜呑みにせず
そんなのもあるんだねー!
っていう程度で頭に入れておく。

なるほど!
って思ったら
それについてもっと詳しく調べてみればいいし

自分に合わないなぁって思ったら
頭の片隅にそっとしまっておけばいい。

自分と違う価値観を受け入れる練習にもなるかもしれないよ。

そういった意味では
Kindle unlimitedってめっちゃ優秀。

お金払ってまで読まないけど
ちょっと興味あるものの中に
自分の興味をそそる何かが含まれているかもしれないし

オススメに出てくる本をかたっぱしから読んでると
凝り固まった頭を柔らかくできるかもしれない。

いや、絶対そんなわけないでしょ
って否定する姿勢になった時が
自分を見直すその時だったりするかもね!

って事で今日はこの辺で
よっぴー

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

Y.YOSHIMOTO(よっぴー)

「人が自分の得意な事で生きていける世の中を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!