色々な物語がある

島田さんが近況報告で、懐かしのゲームをやったと聞いて僕もやりたくなりました。

くにおくんの大運動会や、FF3をやったみたいですが、僕の中でも、印象深い作品だからです。

くにお君の大運動会は、僕の中ではシリーズの中で、1・2を争う作品。
僕の中では、ドッチボール編と大運動会は、不動の1・2です。

友達と一緒に出来るのが、すごく良いですよね。
一緒に盛り上がり、ドキドキ・ワクワクを共有できる。

対戦要素もあるので、そこもまた楽しめる。

ファミコン作品の中でも、名作中の名作だと思います。

ちなみに・・・

作品の名前、くにお君。

このくにお君は、社長の名前なんですよね。

この開発会社は、他にもゲームを作ってましたが、ヒットしたのは、くにお君シリーズだけ。

残念ながら、今は無き開発会社となってます。
IPの権利は、今は別の会社が持ってます。

ちょっとした何かで、また違った結果になってたと思いますが、好きなシリーズだっただけに、すごく残念です。

IPは生き続けてるのに、生みの親は存在しない・・・
何とも言えない、切ない話ですね。

そうそう、FF3の背景も、興味深い話があります。

今でこそ、世界的なソフト会社になってるスクエニですが、当時は創業したばかりのスクウェア。そしていつ潰れてもおかしくなかった会社でした。

FF1のヒットで、なんとか首の皮1枚繋がったわけですが、このFF3の時期くらいから、急成長を遂げていきます。

急成長の要因の1つは、FF3のミリオンヒット(140万本くらい)で、十分な資金が確保出来だしたのもあるでしょう。

もっと言えば、前年に発売したゲームボーイ作品の、SaGaの大ヒットが、飛躍の大きな要因になったと思います。

スクウェア初のミリオン・ヒット。それがゲームボーイで発売した、SaGaの1作目です。

その後、今も続く、SaGaシリーズになっていきます。

興味深いのは、ミリオンに関わった人々。

SaGaはご存知、河津神(ファンの間では神として慕われてます)

ゲームボーイの名作中の名作、SaGa1・2に関わってます。

個人的に、SaGa3はクソゲーと思ってたのですが、河津神は関わっていない、唯一の作品でした。
(全く関わっていないことはないのですが、時期的にロマサガに専念し始めた時期です)

FFも、実は河津神が関わってることは、知ってる人は少ない事実です。

FFの1・2に、実は関わってるのです。

FFがヒットしなければ、会社は倒産していた危機を乗り越えた作品に関わり後に数々の大ヒットを出す人々が関わってる話は、中々興味深い話だと思います。

興味深いと言えば、河津神は学生時代、ソニーから内定を貰っていました。

卒業後は、ソニーに入社予定だったのです。

でも諸事情で中退してしまい、ソニーへの入社はなくなったわけです。

ソニーは当時、まだプレステは登場していない時期です。
ソフトもまだ作ってた時期でもあります(残念ながら、ヒット作品はなし・・・)

たらればは禁物ですが、もしソニーに入ってたら、どんな現在になっていたのでしょうね。

潰れかけのスクウェアにも、最初はアルバイトとしての採用。

中々数奇な運命を歩んでると思います。

ゲームボーイのSaGaの大ヒット受けて、舞台はスーファミへ。

そこでロマサガの誕生へと関わります。

FFも、スーファミで登場した、FF4・5・6。

スクウェアは何とか危機を乗り越えて、数々のミリオンを飛ばすヒットメーカー企業へと成長していくわけです。

当時、RPGを作らせたら、世界一の会社だったと思います。

外部に依頼せず、自社で開発もしていました。

自社だけでゲームを作れる会社だったわけです。

まあ、いつしかその風土は・・・
(その後の話は機会があれば・・・)

ちなみに・・・

今のスクエニのミッションは

「最高の物語を提供することで、世界中の人々の幸福に貢献する」

というミッションです。

ミッションに沿った活動をしてるのか?と言った疑問はともかく、作品を通じて最高の物語を体験したいことは、ユーザー共通の願いでしょう。

そんな作品の誕生を、1ファンとして、期待したいと思います。

あなたはどんな物語が好きですか?

機会があれば、聞かせてくださいね。

それでは良い1週間を。

PS
今日のイーナさん
定期的にやってるミッション発見について考察する・・・

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.INAMURA

T.INAMURA

「虚無零空」究極の自然体

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!