リベ○ーターになって・・・

From:イーナ

先月末から続いていた、新作タイトルのβテスト。

今回は4つのβテストを先行プレイしてました。

あの有名なアニメのRPGや、世界的に人気シリーズであるF○のバトロワ、
PCで人気だったタイトルのスマホ版などのβテストです。

そうそう、その中には、島田さん界隈ではご存知のキーワード。
リベ○ーターを題材にしたタイトルもありました。

プレイヤーがリベ○ーターになって、ゲームを進めていくタイトルです。

〇〇になりたかったら、〇〇になったつもりに振る舞ってみるとか、先に
経験するとか、ビジネス・スピリチュアル・自己啓発界隈では有名な言葉も
ありますよね。

リベ○ーターになりたかったら、このタイトルをプレイすれば、リベ○ーター
を経験することになり、実際でもリベ○ーターに近づく。という原理が、
働くかもしれません(あくまでも、リベ○ーターの言葉って意味ではです)

日本では7月にリリース予定となっています。

リベ○ーターを目指してる人は、ぜひ!とは言いませんが、先に経験するとか、
そういったのを取り入れてる人にとっては、1つの材料になるかもしれません。
(言葉が同じなだけなので、そこは勘違いしないようにしましょう)

ちなみに、このゲーム、海外版でのタイトルは、リベ○ーターですが、日本版
は別の名前です。(興味がある人は、調べてみてください。すぐに見つかると
思いますよ)

今回のβテスト。個人的には、F○のバトロワは、新鮮でそれなりにヒットする
気がしています。

どうしてもeSportsに参入したいスクエニの、切り札的なタイトルの1つでは
ないでしょうか。(切り札っていうか、特攻隊長的な要素が強いかも)

僕はこの手のジャンル(バトロワ系)はあまりやりませんので、リリース
されてもやることはないと思いますが、荒野行○とかやってた人は、割と
良いのではないかと思います。

たぶん、チート対策は割と信頼できると思いますので。

ユーザーが、運営を評価する指標の1つに、チート対策、チート対応があると
思います。(スクエニは割としっかりしてる)

もちろん、タッグを組んでるデベロッパーが大いに関係しますが、たぶん
大丈夫だと思われます。

eSports参入の主力タイトルとして位置付けだとしたら、外せない要素だと
思いますし。

最近のスクエニは色々とありますが、どうしても参入したい市場(今回の話では
eSports業界)に対する試行錯誤やチャレンジは、ビジネスをする上で、参考に
なることが多いです。

なぜその分野に挑戦してるのか?
どうやってるのか?

など、分析したりするのもまた、1つのビジネスの勉強にもなります。

やってることも重要だと思いますが、それよりも、その裏の思考、本質的な
部分を垣間見ることが出来ます。

何をするか?よりも、どうしてそれをやってるのか?

ぜひとも参考にしたいと思います(ビジネスってよりも、人生全般で)

それでは今日はこの辺で。

良い週末をお過ごしください。

PS
今日のイーナさん
駅までの30分弱のウォーキングで、貧血状態になる・・・

6月24日(木)にzoomお茶会(飲み会)開催です。
一緒にワイルドサイド・トークを繰り広げましょう。
https://energeia.app/event/302/detail

ワイルドサイドはENERGEIAでも活動中です。
ENERGEIA:WILD SIDE CLUB
WILD SIDE CLUB

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!