この街とつながる

From : いっちー

自分の地元や住んでいる街のことって
意外に知らないことって多かったりしませんか?

自分の住んでいる街の字を全部言えますか?

って聞かれたら、仕事が宅急便屋だとか、
郵便局員で配達しているとか、
仕事上、覚える必要がないと
なかなか全部覚えることってないと思うんですよ。

僕も自分の地元の字って大字ならともかく、
小字は全部言えないです。

小字って廃止されている地域も多いですが、
その地域に住んでいる人じゃないと
分からない地名ってありますよね。

ああいうのに一瞬ハマッて…

すべての市町村を制覇したい

というか、むかしから、まずは地元の群馬県を
隅から隅まで制覇したいと思っていて、
そのためにはすべての市町村の大字ではなくて、
小字を制覇しないことには
完全制覇したことにならないんじゃないか?
とふと思ったことがあったんですよ。笑

それでどうにか失われた地名も含めて
小字を調べることはできないかと
リサーチしていた時期がありました。

小字って、全国に数百万存在しているらしいです。

これって全都道府県を制覇するって考えたら
今生で制覇することはムリなんじゃないか
っていう途方のなさに
とてもワクワクしてしまったんですよね。

自分の生まれ育った街のことをよく知らない

どうして今日はこんな話をしたかというと、
以前にワイルドサイドブログで
書いたかもしれませんが…

自分の好き、誰かの好き(2021.03.27)

地元の写真展に出す作品撮りに
先日、地元をウロウロしていました。

写真展の人気投票で作品が選ばれれば、
絵葉書になるという特典つき。

地元を代表する絵葉書として、
多くの人の目に止まる可能性が
あることを考えたら、
自分の写真活動の大きな一歩になります。

街をPRするという目的からすると、
いわゆる一般的な観光スポットの
写真がいいのだろうなとは思っていました。

ひとりにつき5枚作品を出すことができるので、
せっかくなら5枚出してやろうと
意気込んでいたわけですが、
どこがいいだろう、どこがあるだろう
ってわりと悩んでしまったんですよね。

正直なところ写真映えするような観光スポットが
いくつもあるような街ではありません。

悩んでしまうのも自分で分かる!という感じですが、
その一方で、自分の住んでいる街のことって
ちゃんと知らないものだなと改めて思ったわけです。

街とつながる写真

知らなくても生活していく上で
困るということはないですけど、
自分の生まれ育った街のことを
より深く知ることによって、
今自分が生きている場所の
楽しみ方がより深くなるような気がします。

そのキッカケを与えてくれたのが、
僕にとっては写真で、風景写真やスナップ写真を
撮り始めなければ、
そこまで自分の生まれ育った街に
興味関心がわかなかったと思います。

島田さんも写真撮ってますし、
僕も人には写真いいよって
おすすめすることもありますが、
自分の住んでいる街や日常をより深く
味わい深いものにしてくれるキッカケのひとつとして、
ぜひ、写真という選択肢を
頭の片隅に入れておいてくれたら嬉しく思います。

P.S.

今月のワイルドサイドFBページのテーマは
シンクロです!

このテーマにした理由は、FBページで。

https://www.facebook.com/twalkonthewildside2015

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!