1人のピアニストのお話

最近、僕の中で、色々なインスピレーションや心が温まる事があったので、今日はその話を。

1人のピアニストのお話です。

4人兄弟姉妹の3番目の彼は、兄・姉・妹がいます。姉と妹は、ピアノ教室の先生。
小さい頃から、兄弟姉妹は全員、ピアノを習っていたそうです。兄と姉、妹は、全員コンクールで受賞をするくらい、才能がありました。

でも彼は、受賞の経験はありません。というか、コンクールに、出場した事がないそうです。

そんな彼は、子供の頃、いつも兄弟姉妹の活躍と比較されて、複雑な気持ちを抱きながら、少年時代を過ごします。

いつも兄弟姉妹のコンクールを、羨ましく観てたそうです。

でもピアノ(音楽)は好きだった。

彼がコンクールなどの経験がないのは、彼が譜面を詠めなかったから。

譜面が詠めないから、ピアノを1曲弾くことが出来なかったのです。

だからコンクールには出させてもらえなかった。

当時のピアノの先生からは、いつも怒られてたそうです。

兄・姉・妹と比較され、ついには諦めることを進言されたと言います。

でも彼は辞めなかった。

ピアノ教室は辞めたけど、音楽は辞めなかったのです。

小学5年の時、彼は父が役員を務める、会社の社長さんから、こんな事を言われます。

なにを聞いたかと言うと・・・

社長はこう言いました。

譜面を見てるから、弾けないんじゃないの?
だって、譜面詠めないんでしょ?

たぶん、譜面を詠むめたとしても、詠む事で一杯一杯で、盤面はきっと
弾けないんじゃないかな・・・

だったら譜面を詠まずに、弾いてみたらどう?

少しずつ、ピアノのどの場所を弾くのかを、覚えれば、その内、1曲くらいは弾けれるようになるんじゃないかな?

それを聞いた彼は、素直に信じて、ピアノを覚えていったそうです。

以後、40年以上の間、彼はピアノを引き続けます。

彼は譜面が詠めません。

だから彼が弾けるピアノの曲は、3曲だけだそうです。

彼が中学3年の時、生まれて初めて、ピアノで曲を1曲弾けたそうです。

高校で2曲目。大学生の時、3曲目を弾けるくらいになりました。

以降、その3曲だけを弾き続けます。

3曲と言いましたが、実はその他にも弾ける曲があります。

それは何か?

彼はオリジナルの曲を弾いてるのです。

作曲してたんですね。

彼曰く、作曲なんてモノじゃないよ。その時の想いのまま、弾いてるだけ。

だから同じ曲は弾けない。

譜面に落とそうにも、僕には譜面が詠めないからね。

と、彼は言います。

夜空に輝く花火のように、その時々に生まれ、人の心を癒しながら、儚く消えるピアノの音色・・・

彼は本当に、ピアノの才能が無いのでしょうか?

彼は言います。

もしあの時、譜面を詠まずに、弾いてみたらどう?と言われなかったら、きっと僕はピアノを辞めてたと思う。

その時、僕は気が付いたんだ。

僕は、譜面を詠みたかったんじゃない。僕は、ピアノが奏でる、音楽を弾きたかったのだと。

そう言う彼は今、自宅の横に、ピアノ専用の建物で、ピアノを弾いてます。

彼は電設工事関連の会社を経営する経営者です。

小学生の時、兄弟姉妹のコンクールを羨ましそうに眺めていた彼は今、自分が所有する建物で、訪れる人の相談に乗りながら、オリジナルの曲を奏でてます。

少年時代、コンクールに出場出来なかった彼は今、自ら主催のパーティーで、名も無き曲を、奏でてます。

譜面が詠めないピアニストは、今日もまた、名も無き曲を、奏でてる・・・

何か感じるモノは、ありますか?

それでは良い1週間を。

T.INAMURA

PS
今日のイーナさん
小学生時代、好きな女の子が入ってた理由で入ったブラスバンド。
譜面が詠めず、マウスピースも上手く出来なかったので、しかたなく打楽器をやることになったイーナさんを思い出す・・・

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.INAMURA

T.INAMURA

「虚無零空」究極の自然体

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!