高校1年の思い出

From:イーナ

11月も半ばですね。

11月と言えば、ちょうど今くらいの時期に、僕は生まれて初めての経験をした時期でもあります。

高校1年のこの時期、僕はUFO(未確認飛行物体)を目撃する経験をしました。

目撃者は、僕と一緒にいた同級生が1人と、別の場所で目撃していた友人が
1人。計3名です。

工業英検の試験対策の補講授業で、放課後に行われてた補講の際に、目撃しました。

あの時のUFOの姿形は、今でも鮮明に脳裏に焼きついてます。

結構興奮もしていました。

僕と同級生が窓側の席だったので、たまたま目撃した感じです。

僕は発見した時、他の窓側以外の学生にも言おうか?迷いました。

結局、僕たち2人だけの秘密にして、後から言うことにしたのです。

「秘密を誰にも教えたくない」

そう、あの心境だったのです。

で、補講が終わり、僕たちはUFOの事を、その時見ていなかった人たちに言いました。

しかし・・・
誰も信じてくれませんでした・・・

誰も信じないのです・・・

見間違いだとか?冗談で騙そうとしてるとか、そんな否定的な意見ばかりです。

そりゃそうですよね。よくよく考えたら、信じろと言う事が無理だと思います。

そして、この経験は、僕の中で、ものすごい葛藤がありました。

と同時に、後に大きな学びにもなりました。

その中の一つに、

「人は見た事は信じれるが、見た事ない事は確信を持てない」

という事。

特にこういったオカルト的な事とかは。
おばけなどの霊なども当てはまるかと思います。

霊もそうなのですが、僕は体験してるので、確信を持ってます。

でもそれを押し付ける事はしません。

他人がどう思うが、僕の中での確信であり、真実は変わらないから。

高校生の僕は、半ば押しつけをしていたと思います。
UFOは存在する。といった事を、押し付けようとしていたのでしょう。

そう言えば、あの時のUFO・・・

結局山の影に隠れてしまったので、どこにいったのか未確認のままです。

宇宙人が乗っていたのか?も気になります。

まあ、今となっては、確かめようもないのが、とても残念です・・・

あなたはどう思います?

それでは良い週末を。

PS
今日のイーナさん
UFOを思い出話にふけっていると、偶然ハウスにあった、やきそばUFOを食す

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!