6億。世界一売れたゲームシリーズと、興味深い任天堂の話

6億。世界一売れたゲームシリーズと、興味深い任天堂の話

先日、K社長やT社長達と、老舗企業について、色々と話合いました。

K社長、T社長、僕も大好きな、すき焼き定食の提供が始まった、いきつけのお店でランチを食べながらの雑談みたいな話です。

老舗企業の中でも、創業100年以上と、長い歴史がある企業について。

雑談も含めた中での話でしたが、ふと、僕の生まれて初めてプレイしたゲームについての話になりました。

僕の記憶が定かなら、幼稚園の年中(4歳)くらいに、幼稚園になぜかあったファミコンでプレイした、マリオブラザーズ。
日本にゲーム文化を根付かせた、あのスーパーマリオではなく、前身とも言える、マリオブラザーズです。

人生で初めて体感したゲームなので、いまだにあの時の映像が、鮮明に覚えています。

ちなみに、世界で一番売れたゲームシリーズが、マリオシリーズのゲームです。
日本から誕生した、マリオが、世界一のシリーズに。

その数は、6億本で、当然、今も売れ続けています。

ちなみに、ゲーム単体で、一番売れたのは、4億本。

マインクラフトっていう、PCでも、スマホでも、色々な媒体でプレイできるゲームで、子供にも大人気のゲームが、4億売れてます。
(ちなみにマインクラフトは、マイクロソフトが買収して、今はマイクロソフトの傘下です)

親子や、おじいちゃん・おばあちゃんを含めた、3世代でやってる家庭も多いですよね。

そうそう、世界一のシリーズになった、マリオ。

その人気の始まりが、ファミコンでのスーパーマリオブラザーズ。

ファミコンを爆発的にシェアを広げた立役者ですが、売れた本数は、なんと全世界で4000万本。

世界一売れた、ファミコンのゲームです。

ファミコン自体が、合計6000万機、売れましたが、その中での4000万本。
(凄まじい数だと思います・・・)

100万本のミリオンセラーになれば、超大成功って時代の中、4000万本って凄すぎですよね。

社会現象にまでなった、ドラクエ3でも、400万本とかのレベルです。(ドラクエは日本では人気ですが、海外ではそれほどではありません…)

数字だけ見ても、すごいなと感じます。

マリオを世に誕生させた、任天堂ですが、任天堂も100年企業の部類です。

明治に創業した、任天堂(創業当初は任天堂ではなく、別名)

日本で初めて、かるた、トランプを作った会社です。
そして、今や常識の、プラスチック製のトランプも、任天堂が世に出したモノ。

明治の時代から、国民の娯楽に貢献してきた企業と言えますね。

そんな任天堂ですが、実は興味深い事もあります。

今の任天堂についてです。

ご存知の通り、任天堂は、ゲーム関連の会社です。

で、興味深いのは、ハードも、ソフトも、両方作ってる会社って事です。

世界でも、任天堂だけといっても、過言ではないのですよね。

両方作ってる会社って。

例えば、ゲーム機と言えば、今や世界は3つのゲーム機がシェアを抑えてます。
(昨今の、スマホゲーム、クラウドゲームはまた別です)

ソニーのプレイステーション・シリーズ。
マイクロソフトのX BOXシリーズ(日本ではシェアは少ないと思いますけど)
任天堂のSwitchなど。

この3社が、世界シェアを抑えてるわけですが、ハードとソフト、両方作ってるのは、任天堂だけなんですよね。

少し前は、セガもハードを作っていました。

でも今は、ソフトだけを作る会社になってます。

自社で、プラットフォームを持っていないというか、放棄した感じですね。

ソニーや、マイクロソフトは、プラットフォームを持ってるけど、自社のコンテンツは持っていない。

ソニーはプレイステーションから、ゲーム業界に参入したイメージを持ってる人が多いかもしれませんが、実は昔は、ソフトも作っていました。
(ソニーがハード機に参入したエピソードもあるので、それはまた今度)

ファミコンなどにも、ソフトを提供していたわけです。
(ロードランナーって言うゲームなど、あれはソニーが作ったゲームです)

で、任天堂は、両方を抑えてる。

これが興味深いのです。

この件については、また機会があれば別の記事にて、考察したいと思います。

それでは良い1週間を。

T.INAMURA

PS
今日のイーナさん
昨日までなかった、白髪を発見して、白髪の謎について考察する・・・

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.INAMURA

T.INAMURA

「虚無零空」究極の自然体

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!