YouTubeと、共鳴するミッション

From : いっちー

YouTubeって以前から見る方だけではなくて、
自分で発信する側にも興味がありました。

ただ、どういうジャンルで参入するか、
動画撮るにもなかなかリソース割かれるぞとか考えていたりして、
なかなか手をつけづらいなという思いもありました。

ですが、本当にごく近くでYouTubeがキッカケで
テレビ番組の出演が決まったり、
かなり高額の商品が動画アップ後すぐ問い合わせが入って、
アップして24時間もしないうちに
動画を消すはめになっちゃったりとかというのを見てきたので、
ハマるジャンルにはかなりハマるんだなと、
YouTubeをやらないのはもったいないなと
感じている部分はずっと持っていました。

そんな風に思いながらも
ずっとグダグダやっていたところに、
このメディアで動画の当番がやってきたじゃないですか(笑)

時間が取れればこんなチャンネルやってみたいなって
アイデアは複数あったんですが
時間的に厳しそうだぞ、と直前までどんな方向性でやるか
決まってなかったんですが、
とにかくあげないと!日にちが!当番が!きてしまったと!笑

あんなんでも、あげるとやろうやろうと
モヤモヤしていた部分が吹っ切れて、
YouTube配信に対するハードルが低くなりました。

僕が、会社のミッションや
スタッフの人たちの考え方や感性が好きで、
大好きな映像制作会社があります。

「リアルをドラマに、ドラマをリアルに」

っていうミッションが、
僕個人が持っているミッションと共鳴する部分があって、
本当にその会社の大ファンなんですが、
そこの会社が始めたYouTubeチャンネルを
チャンネル開設時から登録しているんですけど、
いつの間にかどんどんチャンネル登録者数が増えて、
いつの間にか登録者数1万人手前になりました。

その会社の方いわく、
YouTubeは今から始めても全然遅くないっていうんですよね。

逆に、YouTubeはレッドオーシャンだから
今から参入するのはハードルが高すぎるという人もいて、
ポジショントークかなとも思うけど、
参入するジャンルによっては
それもそうかもしれないよなと思ったり。

結局、やってみないと分からないから、
気になるならやってみればいいのでしょうね。

【いっちーの今日のいっちまい♪】

紅葉シーズンですね。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
T.ICHIMURA(イッチー)

T.ICHIMURA(イッチー)

「あなたの人生に 新しいドラマの灯を」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!