当たり前を、当たり前にする凄さ

今年はコロナの影響で、本来予定されていたモノが、延期になったりしてる事が多いですよね。

イベントの中止や延期は、色々な分野で起こりました。

僕自身も参加を想定していた、e-Sportsの全国大会。

春に開催予定だったのが、延期になり、つい先日行われました。半年遅れでの開催です。

僕は延期になった春の段階で、参加はしない決断をしたので、ゲーム内での予選は通過してたのですが、本戦には参加しませんでした。
偶然、ファイナリストの顔ぶれを拝見したのですが、特に変わった事はなく、ゲーム内でのランキング上位者が揃ってました。

もし僕も参加していたら、ファイナリストくらいには入って可能性はありますが、参加していない人間が、あーでもない、こーでもないと言っても、所詮は言い訳、負け惜しみ、コロンブスの卵状態にしかならないので、とやかくは言わないでおきましょう。

それはともかく、最近、久しぶりに、リリース前のゲームで、βテストに当選したモノがありました。

CBT(クローズド・ベータ・テスト)と訳される事が多いので、聞いた事がある人も多いと思います。

正式リリース前に、実際のプレイヤー達にプレイしてもらい、最終バグの確認や、サーバーの負荷確認、人気コンテンツ、プレイ時間帯による影響など、運営側が把握する為に行う、テストプレイです。運営や開発側にもよりますが、このβテストでの、ユーザーの反応を、正式リリースまでに修正したり、改善、変更したりするが、運営のポテンシャルにもなります。

βテストで発生していた、不具合、バグなど、そのまま正式リリースされてからも同じまま…

なんて事も多く、何の為のβテストだったの?なんて事もありますが、それでも何かしらの改善をされて、リリースされるモノが多いです。

当たり前と言えば、当たり前なのですが、その当たり前さえもしない場合がある事を考えると、ユーザーの信頼は、こういった所で大きく影響するのだろうと思います。

ビジネスでも何でもそうだと思います。

商品、サービスの不具合、欠陥を、一向に改善せず、そのまま販売し続けたりする場合とか、消費者の立場として遭遇した経験がある人も、いるかもしれません。

欠陥や不具合、予期せぬ何かのトラブルが起こった時。それにどう向き合うのか?対応するのか?

そういった部分は、誤解を恐れずに言えば、商品やサービスの質よりも、重要な部分ではないのか?と感じます。(もちろん、劣悪な質とかの場合は別ですけど)

対応の速さなんか、特に重要な部分だと思います。

ユーザーがファンになってくれる部分は、モノやサービスの内容よりも、こういった部分ではないかと思います。

あなたはどう思いますか?

それでは良い週末を。

T.INAMURA

PS
今日のイーナさん
昨日から始まった、とあるタイトルのβテスト。
初日の段階で、ランキング1位を達成したので、最終ランキングも1位を目指す事にする・・・

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!