【ワイルドサイドストーリー】原田マスオ VSアイソレーションタンク(後半)

アイソレーションタンクのオーナーである
原田マスオさんへのインタビュー後半です。

どうぞ、、、

後半では、
現在どんなフロートセンターを
手がけているのか、、、

コミュニティをつくる
という視点で聞いてもらっても
おもしろいと思います。

アーティストが

自分のジャンルではない曲の完成型ができた

という体験談など興味深い話がきけます。

後半もお楽しみくださいー。

島田晋輔

PS)

白金のフロートセンター
紹介できました、とすると
20%オフで入れるそうです。

【Walk on the Wild Side】
公式メールマガジン

公式メールマガジン!毎日配信中
S.SHIMADA

S.SHIMADA

「黄金の精神と漆黒の意志で目の前の人々を輝かせる」

【Walk on the Wild Side】メールマガジン
(めだるを集めてアイテムゲットしよう!)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

    • Yoshiyuki Ikeda
    • 2015.06.16 5:35pm

    島田さん、こんにちは。

    今日行ってきましたよ、アイソレーションタンク!

    ・・・ただ、今回は初めての緊張と
    1時間という短めだったこともあってか、
    肉体の感覚がなくなる、、、
    というところまでは行きませんでした。

    とはいえ、時間間隔はなくなりましたし、
    目を開けてるのか閉じてるのかNAZO!でしたし、

    3~4時間爆睡したかのように呼吸が深くなりました。

    次回は仕事帰りでクタクタに疲れきった状態で
    入りに行ってきます。

    そのほうが肉体消失しやすいらしいので。

    次回が楽しみです♪

    • 池田さん、行ってきましたかー!

      呼吸が深くなったのはいいことですねー。

      特に日本人は呼吸が浅いなんて言われていますから。

      肉体消失も体験してきてください!

    • ミスターシンクロニシティー
    • 2015.06.14 12:03pm

    アイソレーションタンクの日本での広がりの様子を垣間見れた
    貴重なテイクですね。

    わたしの初めてのタンク体験は、
    1994年@マウイ島のJ.C.リリー博士の自宅裏庭。

    それから、約20年が経過し、
    今、本州、四国、沖縄にアイソレーションタンクがある。

    ようやく「時代」が追い付いてきたように思います。

    これからは一般の人が、
    アイソレーションタンクに入る。
    そんな時代の、今は、はじまりのところまで来たように
    感じています。

    なぜなら、ランチ会で
    「アイソレーションタンク」の話題が
    普通に出てくる時代になったのですから。

    • 1994年にリリー博士の裏庭で
      体験されてるのってすごいですね!

      そんな日本人ほとんどいないのでは。

      ランチ会でのステキなきっかけを
      ありがとうございます!

PAGE TOP
error: Content is protected !!